こんにちは!伊藤慶です。本日もコラムをお読みいただきありがとう御座います。

 

今日は暑い一日になりそうですね。外回りをする人は気を付けていきましょう!もう夏が近いのかもしれません。

 

さて、本日は失敗してしまう大家さんに関するお話しです。

昔と比べると、今の不動産投資の情勢には少し変化が訪れている気がします。

 

昔は高い金額の物件を購入する人はあまり多くなく、安い金額の物件を少しずつ買い増していくというスタイルが一般的でした。

 

だからこそ、破綻をしてしまう人がほとんどおらず、マーケットも拡大していくことができたのだと思います。

 

その一方、最近の情勢を見ていると、高い物件をあまり気にしないでバンバン買っていく大家の方が多いように感じています。

 

最近の流行である、法人買い増しスキームにのっているのだと思いますが、それで成功している人はともかく、失敗してしまっている人も沢山いるというのが現状です。

そういった失敗してしまっている人というのは、周囲の雰囲気に流されてしまって物件を買っている人に多いように感じています。

 

周囲の雰囲気に流されてしまうことによって、大きな金額の物件を購入しても問題ないという発想になってしまっているのだと思います。

 

これからマーケットがずっと上がり続ければ良いですが、そうなるとは限りません。そうなった場合に失敗しないためにも、しっかりと自分の力で考えて実行にうつしていくことが重要と言えるでしょう。

 

マーケットというのは常に上下しているのです。そして、マーケットが低い時に購入するというのが投資の大原則です。

しっかりとマーケットの動きを掴み、失敗しないような物件選びをしていきたいものですよね。

それが成功への近道なのではないかと個人的に考えています。