こんにちは伊藤慶です。本日もコラムををお読みいただきありがとうございます。

 

今日も引き続き暑い一日になりそうです。お出かけをするには絶好の1日かもしれません。梅雨が始まる前に外出をして気分転換をするのも良いかもしれませんね。

 

さて本日は不動産投資で最近増えている失敗大家さんに関するお話です。

 

誰であっても不動産投資で成功したいと考えるのは当たり前のことですよね。

不動産投資で成功することができればお金に対する不安もなくなる仕事も無理に続ける必要もなくなります。

 

サラリーマンの方が副業としてできることとして非常に有効な手段として不動産投資があげられると思います。

 

しかし失敗をしてしまうと本業にも影響があるぐらい規模が大きいのが不動産投資の特徴です。その中でどういったパターンで進めていくと失敗してしまうのかということについてお伝えしようと思います。

 

不動産投資で失敗するパターンは一棟目を安易な形で買ってしまうことです。1丁目の物件購入は非常に難しく基本的にはネットで物件を探すことになると思います。

 

そしてここがポイントになるのですが不動産投資において今後物件を買いますことができないような劣悪な物件でもまだ不動産投資をやったことがない人は買えたりするのが現状です。

 

つまり業者というのは常に新しいお客さんを求めているのです。何故ならそのお客さんに対しその劣悪な物件を紹介することができるからです。

 

そして一棟目を欲しいという人が変な物件を買って失敗大家さんになっていくのです。

 

この失敗を避けるのは正直結構難しいかもしれません。

なぜなら一棟目の物件というのは評価の指標がなく自分の考えで行動をする事になりがちだからです。

さらに業者からの営業に根負けしてしまい最終的に物件を買ってしまうということにもなりかねません。

そういった意味でも、一棟目を購入する際はしっかりと勉強を進めてから購入をするようにしましょう。