こんにちは!伊藤慶です。本日もコラムをお読みいただきありがとう御座います。

 

いやあ、昨日は暑かったですね。今年に入って初めて扇風機を導入してしまいました。30度を超えると、ちょっと寝苦しくなってきますよね。

 

さて、本日はこれからのマーケットの動きに関するお話しです。

不動産投資を成功させるためには、今後のマーケットの動向についてしっかりと把握をしておく必要があります。

マーケットの動きをしっかりと予想し、その予想に従って動くことができれば、成功の確率を高めることができるようになるでしょう。

 

そういった意味では、これからのマーケットの動きを見た上で不動産投資を進めることが正解と言えるのですが、実際にはあまり先のことを考えないでどんどん買っていくという大家の方が多いように感じています。

 

そこで今回は、今後のマーケットがどうなっていくのかという点について、個人的な見解をお伝えしていこうと思います。

 

結論からお伝えすると、今はマーケットのピークではないかと感じています。

なぜなら、融資の条件が本当に緩いからです。

不動産の価格というのは、融資の条件によって大きくかわってきます。

返済期間が20年の場合と30年の場合では、毎月のキャッシュフローに大きな違いがあります。

 

また、金利が1%変わるだけでも、返済額に大きな違いがあります。

そして、金利でも期間でも、今はかなり緩い条件で借りることができますので、これ以上マーケットが下がるということは考えづらいのではないかと思えるのです。

そういった意味では、今はどちらかというと、攻めるというよりは待った方が良いタイミングと言えるかもしれません。

 

それでも良い物件は常に市場に出てきますので、しっかりと物件探しも続けることが重要と言えるかもしれません。