こんにちは伊藤慶です。本日もコラムをお読みいただきありがとうございます。

 

今日もなんか暑い日が続きそうですね。雨が降らない分気持ちの上では全然大丈夫ですが暑い日が続くと少しずつ体力が奪われて疲れて行ってしまいますね。

 

本日はすぐに決まる地方物件に関するお話です。色々な大家の方の話を聞いていると都心部であっても入居時期に苦労をするような物件が増えているという話を聞くことが多いのではないでしょうか

 

そういった記事を見ると不動産投資は本当に大丈夫なのか、安全な投資と言えるのかという点に関して疑問を持つ方も多いでしょう。

 

実際に苦しんでいる大家さんがいるという現場もあり今後の不動産投資については慎重な判断が求められると思います。

 

ただ周囲を見渡してみると地方であっても本当にすぐに埋まるような場所があるというのは事実です。

 

その地方でも生まれ物件の特徴というのは需要と供給の関係、これに尽きます。

 

いくら地方であってもそこに住む人というのは一定数存在するのが普通です。まったく人が住み着かない山奥などでなければ適切な賃料であれば入居付けをすることができるでしょう。

 

さらに地方に行けば地方に行くほど建物を建てることがなかなかないですのでどちらかといえば人の寿命の方が長いこともあり、建物は急速に減っていくが人口はそこまで減っていかないということが起こり得るのです。

 

そういった意味ではやはり自分でしっかりと場所を選んだ上で不動産投資を進めていくことが重要と言えるでしょう。

 

地方だからダメと決めつけるのはチャンスを捨ててしまっているようなものです。

 

しっかりと勉強と現場の営業を積み重ねることによって不動産投資の成功率を非常に高くすることができるともいえるでしょう。

 

やはり不動産投資は面白い投資といえますね。