あるニュースで人並みな暮らしを得るための賃金について報告がありました。
地域にもよるかもしれませんが・・
その地域の一般家庭では月約50万円の収入が必要となっていました。
このニュースはかなり世間でも話題になったと思いますが、わたしの家族でも家族で議論をした経緯があります。
いつもコラムを読んでいただきありがとうございます。
日曜大家です。
そんな人並みな暮らしを得るための不動産投資について考えてみましょう!!
 
 
■人並みな暮らしを得るための賃金
 このニュースでは一般家庭では月約50万円の収入が必要となっていました。
 しかし、家族構成や子供の教育費等その家庭の状況で違ってきます。
 
 人並みな暮らしとは何であるか?
 それぞれ価値観は違いますし、それを決まるのはあなた自身です。
 
 私は家族が健康で、たまに家族で外食して・・・
 家族や友人と一緒にDIYしたり、友人とお酒をたまに飲む機会があるだけで十分幸せです。
 
 
 あなた自身の人並みな暮らしとは何であるかを検討して、そのためにはどのくらいの賃金が必要なのか決めてください。
 
 そして現状の収入に対していくら不足しているのかを明確にしてください。
 そうすれば、あなたにとって人並みな暮らしを得るためにはどの程度の家賃収入が必要か分かります。
 
 
■人並みな暮らしを得るための不動産投資とは
 どの程度の家賃収入が必要か分かれば、どの程度の規模の物件を購入してどのくらいの家賃収入が必要か見えてきます。
 その家賃収入を得るためにどのような物件を購入するかを検討してみてください。
 不動産投資をスタートして人並みな暮らしを得るための不動産投資とは何かと考えると次のようなことを思い浮かべます。
 それは個人的な意見ですが、少しだけゆとりを感じながら生活できることではないかと感じます。
 給与収入だけで生活している場合と給与収入+家賃収入がある生活は精神的に負担がかなり低減されると思います。
 そのゆとりから、仕事や家庭・プライベートでも余裕を持って行動できる!!
 それが結果的には好循環を得ることが出来て、豊かな気持ちで生活が出来るのではないでしょうか?
 

■まとめ
人並みな暮らしを得るための不動産投資とは

 1.あなた自身の人並みな暮らしとは何であるかを検討する
 2.少しだけゆとりを感じながら生活できる収入額を算出する
 2.給与収入+家賃収入がある生活により、豊かな気持ちで生活が出来るレベルを目指す 

 
最後まで読んでいただき有難うございました!!
また、コラムでお会いしましょう。