こんにちは!伊藤慶です。本日もコラムをお読みいただき有難う御座います。

 

そろそろ本格的な梅雨のシーズンに入るような感じでしょうか。梅雨に入ると、洗濯物も乾きにくくなってしまうのでいやな感じですよね。

 

さて、本日は不動産投資の絶対的な価格感に関するお話です。不動産の価格は今は高い高いと言われていますが、本当に高いのかどうか分からないという方も多いのではないかと思います。

 

それもそのはず、絶対的な基準がない中では、何をもって高いのかどうかということが分からないのです。そういった意味では、今のマーケットの現状をしっかりと把握しておくことが、不動産投資を成功させるという意味でとても重要になってくるのではないかと思います。

 

そして、今の不動産の価格が高いのか安いのかを調べる上での一つの考え方がありますので、今回はその点についてお伝えしようと思います。

 

今の不動産の価格が高いか安いかを決める指標、それは、積算価格をもとに考えるという方法です。

 

もう少し具体的なイメージですと、積算価格よりも安い物件が大量に市場に出ているときが良いマーケット、出ていないときが悪いマーケットです。

 

なぜこのようなことが言えるのかというと、市場の原則に基づくとそうなるからです。

 

原価よりも高く売られていれば、いずれはその価格は原価に近づきます。

原価よりも安く売られていれば、いずれその価格は原価に近づきます。

 

そうやって市況が常に循環し続けていっているのですが、今は原価よりも高い不動産が多いという意味で、市況が過熱しているということができるのです。

 

これからも上がり続けるというのであれば、建築業をやっていればすごく儲かります。

ただ、それはずっとは続かないでしょう。やはりマーケットは常に上下しているので、タイミングを見計らうことが重要と言えるでしょう。