こんにちは!伊藤慶です。本日もコラムをお読みいただきありがとうございます。

 

本日は朝からすっきりとしない天気ですが、気温はあまり高くないので、快適な感じでした。

すっきりとした感じだともっとよかったのですが、雨が降らないだけましと思わないといけないですね。

 

さて、本日は今後の人生を棒に振ってしまう可能性が高い投資をする投資家が多いということに関するお話です。

今の不動産投資の状況を見ていると、勝ち組の人と負け組の人に大きく分けられるような気がしています。

 

勝ち組の人は、利回りが高い物件、もしくはキャッシュフローがたくさん出る物件を順調に買い進め、しっかりとしたキャッシュフローを得ている方です。

 

負け組の方は、利回りが低くてキャッシュフローがほとんど出ていない場合です。不動産は買ってから何年か持たないと、基本的には儲かることができない商売です。

 

初期費用がかかったり、売却するときにも出費が発生してしまうからです。

そういった意味では、今のタイミングでキャッシュフローがほとんど出ない物件を購入するというのは、非常に危ない選択なのではないかと考えています。

 

そして、その物件でトラブルが発生してお金を払うことができなくなってしまったら、破産するぐらいしか方法がなくなってしまいます。

 

そうすると、会社との雇用関係も悪化しますし、マイホームを持っている人はそれを手放さないといけなくなってしまうかもしれません。

 

だからこそ、不動産投資は安全を意識して進める必要があるのですが、残念ながら安全を意識している方があまり多くないような感じがします。

 

堅実に進めていくことが一番です。しっかりと投資のタイミングを見極め、悪い物件を購入して人生が詰んでしまうことがないように注意しましょう。