こんにちは!伊藤慶です。本日もコラムをお読みいただきありがとうございます。

 

今日は昨日の雨とはうって変わって気持ちが良い天気になっていますね。梅雨なのですが、夏のような空になっていきそうな感じがします。

 

さて、本日は不動産投資で資産の拡大を急いだ人の末路に関するお話です。

不動産投資というのは、収益を求めていくことが極めて重要であり、収益を追い求めていく場合においては、良い物件を購入するということが必要になってきます。

 

そういった意味では、不動産投資を成功させるためには、待つということが極めて大切です。

なぜなら、良い物件というのは、売主が特殊な事情をかかえている場合に出てくることが多く、同じタイミングで良い物件がどんどん出てくるということは考えづらいからです。

 

そういった意味では、待つことができる投資家というのは成功する確率が高くなるのですが、逆に待つことができない投資家は失敗する確率が高くなります。

 

そして、急速に資産を拡大してきた大家がどうなっているのかというと、これからずっと多額の借金を返し続けなければいけず、すぐに売ろうにも損切りになってしまうので売れないという状況に陥っています。

 

損切りもすることができない物件を持っているのは心理的にも負担が大きく、万が一物件に大規模な修繕などが発生してしまうと、給料からの持ち出しになってしまうでしょう。

 

ずっと給料からの持ち出しで不動産投資をやっているようでは、何のために不動産投資をやっているのか分かりません。

 

そういったリスク管理をすることができない大家の方は、物件を買いましてはいけないのではないかと思います。

物件をいつ売って手じまいしても良い状況をしっかりと作り上げることが、不動産投資を成功させる上で重要と言えるのかもしれません。