32歳の「親族の資産無し」「親族の援助無し」「現金無し」会社員(東京都在住)の「東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県に2年2ヶ月でアパート10棟・戸建て7棟の購入までの体験記です。

 

管理会社の現実。。退去立ち合いをする担当者が、保証会社の保証範囲を知らない・・・。

 

最近、退去が発生しました。

管理会社の退去立ち合い、リフォーム見積など担当する部門の人が立ち合いをしてくれました。

その管理会社ではオーナーと客付け時の窓口となる店舗(本社部門)と実際に現地で作業する会社(メンテナンス部門)が異なります。

 

今回は現地で作業するメンテナンス部門の方からの電話でした。

入居者の方が現状回復費用は払いたくない、と言ってます、とメンテナンス部門のAさんが電話してきました。

入居者の入っている保証会社だと、保証の範囲に原状回復費用も含まれています。

そこで、保証会社でカバーされる分だけしっかり取ればいい、と思いますよ~、と伝えたところ、

Aさん「保証会社の保証ではカバーされないと思います」との回答が。

 

いやいやいや、、、、、約款にちゃんと書いてあるよ。。てか、貴社がメインで進めてる保証会社じゃ~~ないですか~~。

私「いやいや、カバーされますよ。確認してもらえませんか?」

Aさん「分かりました。確認してみます。」

確認してみます、と言ったっきり、その日はAさんから電話がかかってくることはありませんでした。。電話連絡を疎かにするという、不動産、あるある。。

 

後日、しょうがないからこっちから電話をかけてみたところ、保証会社に請求すれば、保証されることが確認できました。

が、、、確認先は窓口の店舗(本社部門)。

メンテナンス部門って、ほんとに立ち合いだけなのか~~~い。と突っ込みたくなりました。バイトでもできるやん・・・。

 

管理会社の必要性って、どんどん無くなっている気がする・・・・、と思わされた事件でした。。

管理会社の社員が、不動産周りの仕事を分かっていない、という不動産あるある・・・。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

みなさまの不動産投資のゴールが達成できることを願っております。