32歳の「親族の資産無し」「親族の援助無し」「現金無し」会社員(東京都在住)の「東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県に2年2ヶ月でアパート10棟・戸建て7棟の購入までの体験記です。

 

やっと、決済・・・・。長かった。。

 

最近、滞納2件の目途がつきました。。こっちも長かった・・・。

 

滞納1件は生活保護の方です。何かの理由で病院に入院したそうで、家賃滞納がスタート。

管理会社の担当の方には、何度も本人や連帯保証人に粘り強く電話をかけてもらうとともに、私からもショートメールで「家賃が振り込まれてないようですが、どうなってますか?」

と連絡をしまくっていたところ、入居者の娘さんと何とか連絡が付きました。

 

娘さんに2ヶ月の家賃滞納を伝えたところ、ショックを受けていた、と管理会社の担当さんが言ってました。

 

まあ、身内がいつの間にか滞納してたら驚くよね・・・。娘さんが滞納している家賃を払ってくれることになりました。責任感のある娘さんで良かった・・。

 

逆に、連帯保証人になってくれた方は結局、滞納の肩代わりをしてくれず。。実の兄弟なのに、、、お会いしたときは入居者さんとはすごい仲が良さそうだったのに、、、と少し驚きました。

 

2件目も生活保護・・・。こちらも入院により、家賃を滞納スタート。

管理会社に任せていたら、滞納は拡大し、、、滞納3ヶ月目に突破。

 

3ヶ月目になったところで、私の方から管理会社に連絡を入れました。

滞納している分について、いつまでに分割して支払うか、覚書をとってほしい。。

そもそも、3ヶ月も滞納になる前に、管理会社の方で覚書を取って、滞納解消に向けた道筋をつけてほしかった。私から言われる前に、不動産業者としてやってほしかった。

3ヶ月の滞納になってしまった以上、立ち退き訴訟は検討する。

といったことを伝えたところ、次の日からすぐに管理会社が動いてくれて、滞納解消に向けた家賃の支払い日など設定してもらうことができました。。

 

自分から動かないと、管理会社や入居者からも食い物にされるな、、と感じさせられた事件でした。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

みなさまの不動産投資のゴールが達成できることを願っております。