本日、内覧してきた物件のお話です。

 

内覧してきた物件は、建物が未登記。

 

 

未登記の物件で気を付けるべきポイントは相続が絡んでいるかどうか、です。

相続が絡むと「待たされる期間」が一気に読めなくなる&時間がかかりやすいから、です。

 

 

未登記と相続が絡んだ場合のシチュエーションは以下の3パターンが大きく考えられます。

(1)未登記の建物に関して、遺産分割協議書に記載がある

(2)未登記の建物に関して、遺産分割協議書に記載があったが、協議書を無くした

(3)未登記の建物に関して、遺産分割協議書に記載がない

 

 

(1)の場合は、すぐに登記をしてしまえばよいので基本的には問題がありません。

 

 

(2)(3)の場合が厄介です。(2)の場合は、遺産分割協議書の作り直しが必要になります。

司法書士や法務局がその協議書をもとに手続きを進めるためです。

書類を作成したときには、建物を引き継ぐ人は決まっていたので、関係者に「もう一度作成したので、印鑑お願いします」と言って頭を下げれば、何とかなります。

 

 

(3)の場合は、その建物が遺産分割から漏れていた、ということで「誰のものか」が争点になり、売り止めになってしまう可能性もあります。

 

 

相続は「争族」に発展しがちで、トラブルが起きやすいです。

売主が「うちは大丈夫」と言っていても、内実は親族間で不満が溜まっており、遺産分割協議書の作成をお願いしたら「相続の額が少なすぎる!!」と言われて、話がまとまらない(売り止めになる)ことも多々あります。

未登記の物件を検討する場合は、未登記の状態で「売主としては、どうするのか(事前に登記するのか、しないのか)」を確認することで、余計なトラブルに巻き込まれるのを防ぐことができるはずです。

 

 

売買契約を作った後に、「実は、登記できませんでした・・・」なんてことになったら、買い付け・売買契約までかけた時間が無駄になりかねません。。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

みなさまの不動産投資のゴールが達成できることを願っております。