皆さん、こんにちは!小林尚美です。
 
7月も残り僅かになりましたね。東京は猛暑かと思えば突然の豪雨だったり、今年も強烈な夏がやってきました!
 
 
ということで、私は只今、那須の温泉に来ています!宿のお部屋でこのコラムを書いています♪
 
 
さて、今日のテーマは「大家直接募集サイトから入居申込みあり!」
 
閑散期の今、空室が出てしまうとしばらく埋まらず、お悩みの大家さんも多くいらっしゃるかと思います。
 
もちろん、うちのアパートも管理会社経由で大手の賃貸情報サイトには掲載しています。
 
しかし、絶対数が少ないこの時期は、当然内見数も少なくなり、次の入居者が決まるまでに時間がかかるケースも多いのではないでしょうか?
 
本当に悩ましい問題ですね。
 

募集は広範囲に掲載するに越したことはない!

 
今月、うちのアパートで1階のお部屋なのですが、入居のお申込みをいただきました!
 
学生さんの多いアパートですが、今回は社会人の女性の方です。
 
学生さんの入居は、春の新入学シーズンに集中しますので、7月、8月は難しいと思っていました。もう大喜びです!!
 
なんとなく、夏は社会人の方のほうが決まりやすい気がします。
 
 
それから、今までと大きく違った点は、大家直接の募集サイトからお問い合わせをいただいたお客様だったということ!
 
 

複数の大家直接募集サイトへ掲載してみた!

 
私は、インターネットで見つけた大家直接募集サイト3箇所ほどに、自分で募集を掲載しています。
 
有名なサイトから、あまり知られていないサイトまで、もっと探せば色々あるかもしれません。
 
学生さん専門の募集サイトにも、以前登録していたことがあります。
 
しっかり担当者が付いて、入居が決まった際には手数料を支払わうサイトもあれば、単なる掲示板で投稿者の責任でやりとりするサイトもあり、システムは様々です。
 
 
これまでは、不動産屋さんの紹介のお客様以外と契約したことはありませんでした。
直接募集サイトを見た方から、たまにお問い合わせはあるものの、入居までは結び付かなかったのです。
 
そこでちょっと掲載の仕方を工夫してみたところ、早速効果あり!?
 
やはり魅力的な写真や文章を使って、オーナーの熱意を伝えることを心がけると、意外にもお問い合わせが増えて、内見、入居していただける可能性がアップすると感じています。
 
 
とにかく、インターネット上のなるべくたくさんの場所に募集が掲載されていたほうが、目に留まる可能性も上がるというもの。
 
一旦登録してしまえば、定期的に変更点のみ更新しておけば、ときどきお問い合わせが来ていますので、やっておく価値ありだと思います!
 
 

大家と直接交渉したい入居者もいる!

 
入居希望者さんの中には、大家さんと直接交渉したいと思う人が一定数いらっしゃるようです。
 
また、大家さんの顔が見えたほうが、安心する、大家さんに相談したいことがある、という方もいらっしゃいます。
 
その逆もあり、大家が顔を出さないほうがよい場合もあります。
 
 
今回の入居者さんは、保証人を頼める人がいないからと、大家の私に直接メールでご相談いただきました。
 
(迷惑メールに入っていて数日気付かず、お返事が遅れてしまったのは失敗でした。)
 
このお客様には、私の方から、当アパートの契約は管理会社にお任せしていることと、
連帯保証人を立てられなくても、家賃保証会社へ申込み可能であることをお伝えしました。
 

保証人より保証会社?

そして、まずはお部屋をご覧になってみませんか?と内見をお勧めし、お部屋を気に入っていただけたので、あとの手続きは管理会社にバトンタッチ!
 
保証会社審査も問題なく通過されたので、お部屋を借りていただけることになりました!
 
保証会社を利用すると、入居者さんの費用負担は増えます。
 
しかしこの方に関しては、保証人を頼むことのストレスから解放され、無事にスムーズに賃貸借契約を結ぶ運びとなりました。
 
最近は、保証会社の利用を必須にしていたり、保証人と保証会社の両方を必要とすることもあるそうです。
私としてはケースバイケースで対応したいと思っています。
 

大家と管理会社の連係プレー!!

私は、客付けのプロである管理会社さんに、基本的にはお任せしています。
 
ですが、今回のように一次受けを大家の私がおこなって、その後管理会社に手続きをバトンタッチするのも一つの方法ではないかと思います。
 
たくさんの物件を抱える管理会社さんで、うちのアパートを優先して欲しいと言うのも無理がありますし。
 
もし大家自ら入居者を見つけることができれば、その後は連係プレーなのです。
 
 
全て自分で対応される大家さんもいらっしゃいますが、私は契約は必ず管理会社を通すことにしています。
 
初めに入居者さんの相談に大家が丁寧に対応することで、管理会社さん的にも、少ない労力で入居に至るはずですし、もちろん手数料はお支払いします。
 
これってみんなwin-win ではないでしょうか?
 
 
 
閑散期にじっと待っていても、お客様はなかなか来ません。
 
大家も客付けに参加してみることで、入居者さんを獲得するために何が足りなくて、何をすればよいか、少しづつわかってくるものだと感じております。
 
 
皆さまの参考にしていただければ幸いです。
 
 
それでは次回までお元気で!