皆さん、こんにちは!小林尚美です。
 
8月も後半になりましたね。東京は雨の日が続いていましたが、やっと夏らしい夏に戻ったみたいです。
しかし今度はハンパない残暑!これではゴルフもバテバテになりそうです!?
 
 
さて、今日のテーマは「大家の直接募集で問い合わせ殺到中~!?」
 
先日うちのアパートで、大家が直接募集できるサイトに広告を掲載し、7月に入居者さんが決まった件をこのコラムでもご紹介しました。
 
管理会社さん経由で出している大手サイトの広告に加えて、大家の直接募集にも力を入れることで、双方向から顧客獲得に挑む作戦です!
 
大家の直接募集の方法は、いくつかの専用サイトへの投稿や、自分で物件のHPをつくったり、ブログで情報を公開するなど、その気になれば色々あると思います。

やり方次第で問い合わせが殺到する!?

実は私、以前は直接募集にはあまり期待していなかったのです。
しかし、少し掲載内容に気を遣ってみると、たしかな手応えを感じました。
 
そして1人目の入居のお申し込みをいただいたときに、確信しました。これはやり方次第でもっと上手くいくはず!?
 
まず直接募集は、大家自身の意気込みや熱意を伝えやすく、特徴を出しやすいと思います。
お問い合せやご相談にも、大家が直接対応できるので、お客様にとってスピーディですし柔軟な対応も可能です。
 
コツを掴めば、お問い合わせ数がぐんと増えることがわかりました!
 

私がやったこと!マンスリー可能にしてみると・・・

つい先日、お盆の頃の話ですが、大家直接募集サイトに新しく広告を出したところ、これまでにない数の反響がありました!
 
内容的には、広告の文章にマンスリーも可能!と追加しただけです。
 
うちのアパートは学生さんや若い単身者をターゲットにした家電付きの物件。もともと短期の需要があるエリアです。
 
今も入居者さんは数か月の短期から長期の方までいらっしゃいますので、それ相応の募集の仕方に変えてみただけなのです。
 
すると、目論見通り短期の方からお問い合わせをいただいたのですが、広告自体が目立ったのか、複数の長期希望の方からも反響がありました。
 
1回の無料広告で、お盆休み中お問い合わせ対応に追われるという、うれしい結果となりました。
 
そして早速お盆明けにまた1件、長期の入居のお申し込みあり!今も数名の入居希望の方と交渉中で、原状回復が間に合わない!?
 

顧客の声を聞き改善点に気付く!

もちろんこれは、物件のエリアやタイプによっても違うと思いますが、大家がよりアピールしたいポイントを前面に出して募集できるのはありがたいことです。
 
お客様の要望を直接聞く機会が増えると、自然に具体的なアクションが浮かびます。
 
うちのアパートは様子をみて、マンスリー専用の部屋を1室つくり、設備をもっと整えておくことを検討中です。なんだか面白くなってきました!
 
もっと気軽に借りていただけるように、契約形態や費用面の圧縮など、改善点はたくさんあることに気付かされました。
 

広告の質と顧客の質は比例する?

 
大家さんの中には、直接対応することを煩わしく感じる方もいらっしゃるかもしれません。
 
また、お問い合わせの中には、マナーの悪いお客様もいるかもしれません。
 
しかし基本的に、お客様のタイプは、こちらの広告の出し方が反映していると思ったほうがよいと思います。
 
つまり、その物件に見合ったお客様が集まると思うのです。
 
もし質の悪い問い合わせが多いと感じる場合は、その物件やオーナーの考えが魅力的と映るように広告の文章や写真を修正してみてはどうでしょうか?
 
閑散期にただ待っていても、問い合わせすらなかなか来ない状況であれば、このように自分から動いてみるのもありではないかと思います。
 

ネットで完結!手間もお金もかかりません!

大家の私は、私の物件が満室になればハッピーです!
 
その客付けの方法が、管理会社さんからの紹介でも、私の直接募集を見たお客様でも、どちらでも構わないのです。
 
私の募集は、ネット上で完結する方法で行っていますので、自宅でも旅行先でも対応できますし、それほど手はかかっていません。
 
お盆休みは2泊3日でゴルフ旅行でしたが、余裕でお問い合わせ対応可能でした。
 
とは言っても、管理は管理会社さんの力を借りながら運営していますし、募集時のお部屋の内見や契約手続きも、人の手を借りて行うほうが楽でスムーズ。
 
ですので、大家と管理会社さんの連係プレーで今のところよいと思っています。
 
ネットにさえ繋がっていれば出来て、自分の物件に興味を持ってくださるお客様への対応ですので、苦ではありません。
 
私もずっと同じではないと思いますし、感じ方は人それぞれかもしれませんが、これも1つのやり方ではないでしょうか?
 
 
皆さんの参考にしていただければ幸いです。
 
それでは次回までお元気で!