お元気ですか、お宝トミーです。

今回のコラムは、【画像有】DIYセキュリティライト設置

というタイトルでお送りいたします。

所有物件の駐車場が暗い!

セキュリティが心配

そんな時どうしますか?

真っ先にセンサーライトの導入を考えると思いますが、電源の供給が難しい

電池だと定期的に変えなければならないので面倒くさい

そのすべてを解消するアイテムの導入とDIY例をご紹介いたします。

今日も最後までコラムにお付き合いいただけたら幸いです。

 

そんな都合のいい商品あるのか?

そのLEDセンサーライトは、2014-10-29にDIYで取り付けてから現在まで約3年電源(電池)交換もメンテも一切しておりません。

小型ソーラー発電パネルが付いたLEDセンサーライトでしたことといえば、初回に一度だけ入れた補助の単3電池を入れただけ

ほんとこれだけで、今までノーメンテです

ネットではいろいろ検索すると、ありとあらゆる賃貸経営に役立ちそうなアイテムが目白押しです。

その中で買った商品ですが、

以前自分は結構商品ページ案内だけを鵜呑みにして買って良かれと思って導入して失敗したことが多々ありました。

でも、コツを掴んでからはほぼ失敗することが無くなりました。

商品自体はそのメーカーおよび販売者が非常に魅力的にサイトでアピールしています。

その中から、使用目的と価格が合致したら

その商品の品番をネット上でマウスでなぞって反転させて右クリックすると大抵の場合検索項目が出てきます

そこから検索した商品の品番から商品価格比較サイトなどでレビューが多数書かれた商品ページを探してレビューを閲覧していきます(特にネガティブレビューを確認)。

たったこれだけで、まずハズレ商品を引くことが無くなりました。

今では、読者の皆さんもごく当たり前にやっていることなのかもしれませんが、なんでもひと手間を惜しむと安物買いの銭失いになりかねません

もし安物ではなくて、高額商品で失敗すると目も当てられません

さらに、最安値を見て購入する訳ですが

ここでも、検索方法によっては最安値とうたっていても税込・税別、送料の有無、ポイントの使用等でずいぶん変わってくるので要注意です。

ちょっと前置きが長くなりましたが、その過程を踏んでソーラーパネル付LEDセンサーライトを購入してDIYで取付をしました

 

取付は本当に簡単!

取付予定場所は建物の窓側と考えていました。今まで夜は暗くて死角になっていたところでした。

ただ、この場所は電源確保が難しくどうしようかと思っていました。電池対応の商品もあるのですが、ものぐさな自分としては年数回の電池交換は煩わしい

そう思っていたところに発見したソーラ発電パネル兼用型

先ほど前出したネット検索よってレビューも上々、値段も手ごろなので、2台購入してみました。

まずは、実際に物件に取付前に元自宅(売却済み)ベランダにて導入実験

レビューでは評価上々の商品でしたが、実際自分で確認してみなければ本当のところは分かりません(笑)。

電池を入れて丸一日充電もして夜間に人感センサーの精度もチェックし動作確認終了

いよいよ取付です

実際には駐車場のある場所の点検梯子に取付

高い場所には、先日のコラムでご紹介した伸縮梯子を利用

取付は極太のロックタイと付属のねじクランプを併用

1階と2階の中間地点に設置(途中画像)。写真を撮り忘れましたが、小型ソーラー発電パネルは3階のベランダ枠に説明書に書いてあった角度に調整して設置

そこまでは、恐怖を乗り越えて点検梯子にコードを這わせます(細いロックタイを使用)

白熱球約30Wの光量ですが、眩しいくらいです。本体も防水加工されていてセンサーも秒数設定等各種設定も可能

手軽にDIYで取付できて、本体価格も数千円で実用レベル(3年間ノーメンテ)

これは防犯対策の一つになると思います。また、車が進入した際も明るく照らされるので安全対策と入居者サービスにもなりました。

コスパ最高ですね。

 

今日のコラムが少しでもみなさまの参考になったのなら幸いです。

それでは、今日はこの辺で