本日は、最近発生している、入居者様のクレームについてです。オーナーチェンジ物件だったのですが、隠れたリスクだったかもしれません。

オーナーチェンジ物件のメリット

オーナーチェンジ物件のメリットといえば、入居様がいらっしゃり、募集などを行わなくともすぐに家賃収入が入り、精度の高い収支計画を事前に立てられることですが、デメリットもあります。

オーナーチェンジ物件のデメリット(リスク)

オーナーチェンジ物件のリスクといえば
1. 物件の瑕疵・修繕履歴がわからないことが多い
特に自主管理の場合、行うべき修繕が行われておらず、購入してすぐに高額な修繕を行わなければならないことがある
2. 満室の場合、部屋の状態がわからい
購入後すぐに退居され、高額な修繕費がかかる、特に長期入居者様だった場合は必ずと思ったほうが良い
3. 入居者様の属性がわからない
滞納、夜中に騒ぐなどの素行不良 などなどの悪質な入居者様がいる可能性がある
4. 偽装満室で高く売りつけられる
などがあります。
私は、今まで1と2を経験済みです。(笑)

今、体験しているのはひょっとしたら3かも知れないのですが、ちょっと特殊です。

入居者様からのクレーム

先日、管理会社と秋以降の入居者様募集について打ち合わせをしました。現在3部屋空きがある為です・・・・・。
その中で、築古オーナーチェンジで購入したアパートについて、管理会社から、202号室がうるさいというクレームが2部屋から来ている、うるさいと言われている部屋の入居者様には、静かにするように注意を行い。クレームを言っている部屋の入居者様には、注意をしているので少し様子を見て下さいと伝えています。と報告がありました。

詳しく聞くと、ちょっと気になることがわかりました。
部屋の位置関係はこんな感じです。
201号室 202号室 204号室 ・・・
101号室 102号室 103号室 ・・・
201号室と102号室から202号室がうるさいとのクレーム、202号室は数カ月前に入居。
202号室がうるさいと左隣の部屋と下の階の部屋からクレームがきているのです。
管理会社の話では、202号室がそれほどうるさいというほどの状態ではないらしいのですが、201号室と102号室の入居者様は、気になるようなのです。
もともとこのアパートは、半分が空室で202号室も長期間空室でした。

つまり、以前はとても静かだったので、わずかな生活音が気になるようなのです。
このくらいは普通、他のアパートでもこのくらいはありますよと言っても効き目はないでしょうね。
私にも経験がありますが、音は、気にし出すと神経に触ります。もし201号室と102号室の入居者様が、神経質なかただと大きなクレーム(クレーマー化)になりかねません。

オーナーチェンジで環境が変わった?

「入居者様の属性がわからない」リスクとちょっと違いますが、神経質なかたは、アパートには向きません、201号室と102号室は、以前からの入居者様でそういった気質なのかはわかりません。
オーナー変わってうるさいアパートになったとクレームを言われたらどうしようとちょっとブルーな気持ちになりました。

本日はここまでです!