こんにちは!伊藤慶です。本日もコラムをお読みいただき有難う御座います。

 

いよいよ秋がはじまったという感じですね。秋風がとても心地よい毎日になってきました。

 

ところで、フルローンって何?

まず、簡単に前提から整理していきましょう。フルローンというのは、物件価格と同じ額の融資を組むことができることです。

借りる側からみると、お金を出さなくても良いから精神的に楽な感じがするのがフルローンです。

 

 

フルローンして本当に大丈夫?

しかし、フルローンを組む場合においては、しっかりと購入対象の不動産の価値を考える必要があります。

フルローンが出るから、という理由で不動産を購入することはとても危険です。

 

500万円のマーチ、買いますか?

ちょっと違う例で考えてみましょう。

小型車を買いたいとします。

安いタイプはワゴンRなのですが、ワゴンRを購入するためには。50万円の頭金を入れなければいけません

ワゴンRの値段は300万円です。

他方、マーチは500万円なのですが、頭金を出さなくても買うことができます。

 

この場合、どちらの車を買いますか?

(マーチもワゴンRもただの例として使ったものであり、実際のマーケット価格とは関係がありません。)

 

お金が出るという苦痛を避けるのが人間

人というのは、お金が出ていくということに対して苦痛を感じる生き物です。

普段良くお金を使う食品などであれば、そこまで苦痛を感じませんが、それは慣れているからです。

慣れていないものを買う場合、だれであっても損をしたくないと考えます。これは当然のことです。

 

今お金が出ないこと=損をしないことではない

しかし、しっかりと認識しておかなければいけないこととして、お金を一次的に出さないからとって、それが得とは限らないということです。

 

結局は購入する物件の本質的な価値をしっかりと見極めた上で購入しなければ、どこかで損をしてしまうのです。

 

フルローン物件に簡単に飛びつくのではなく、しっかりと吟味を進めていくのが良いのではないでしょうか。