皆さんこんにちは。戦慄大家です。

 

前回のコラムに引き続き、背筋も凍るゾッとする体験の続きの話しを楽待読者様とシェアさせて頂きます。

 

急がせる業者は悪徳業者

 

1棟物の紹介をしているという業者のA氏とのやりとりの続きです。

 

A氏                     「この物件(2億円程度のRC1棟物)、個人で購入された

                           方がいいですよ」

 

戦慄大家              「いいえ、個人では税率が高いので法人での取得を検討して

                          います」

 

A氏                     「個人の方がすぐに融資がおりますよ。」

 

戦慄大家              「それはどうしてですか?」

 

A氏                     「弊社と提携している金融機関がありますから」

 

戦慄大家         「4.5%の○○○銀行ですか」

 

A氏                     「ええ。」

 

戦慄大家              「直近では3.5%とか聞いたりしていますが、どのくらいの

                           金利で引けそうですか?」

 

A氏                     「4.5%ですよ」

 

戦慄大家              「ええ? 4.5%だと今時、キャッシュフローが回らない

                          でしょう?」

 

A氏                     「・・・」

 

戦慄大家              「いずれにしても個人での取得は今のところ検討して

                          ません」

 

A氏                     「そうですか?でも6百万も手残り残りますよ。6百万

                           残ったらいいですよね?」

 

と、いかにも事前にシミュレーション済みのような言い方です。

そのくせ、その詳細はおろか、Macのノートブックの画面すらこちらには見せてくれません。

 

戦慄大家              「そりゃ本当に6百万円残るのであればいいですけど、

                          詳細がないのに判断のしようがないですよね」

 

三為業者にはロクな業者がいない

 

結局、この日、A氏とは30分以上、話をしたでしょうか。

話しの最後にA氏はこんなことを言いました。

 

A氏                     「この物件の足は速いですから、いつまでに返事いただけ

                           ますか?」

 

戦慄大家              「詳細を知らせて頂ければ、判断は早いですよ」

 

A氏                     「わかりました。この後、メールにてお伝えします。」

 

と最後はこんな感じであっさり終わりました。

 

やり取りを整理してみると、次のようになります。

 

  1. そもそも、先方からコンタクトしてきた。
  2. 会話中も物件の詳細を見せず(PC画面を見せず)、印刷物もなし。
  3. どう見ても、会話を録音しているとしか思えない動作。
  4. いわゆる、三為業者である。
  5. 高金利ノンバンクの○○○銀行をしきりに勧めてくる。

 

という内容でした。

 

自宅に戻っても、何かピンとこない、もやもや感のようなものが戦慄大家の心を埋め尽くしました。

 

そこで、ネット検索してみると、何と、とんでもない事実が判明しました。

 

ネット上には、A氏の名前とともに、「社内外で反社会的勢力の繋がりを示唆」する数々の文面が。

 

明らかに反社会的勢力とのつながりがあった事実が記載されているではありませんか!!

 

どうりで、あの鋭い視線といい、横にいた体格のいい従業員といい、さもありなんと思わせる状況と見事に一致したのはそういう訳か。

 

あ~、怖~。

 

君子危うきに近寄らず

 

ですね。

 

ちなみに、その日の夜はもちろん、今日に至るまで、物件の資料など送られてきてはおりません。

 

本当に危機一髪のところで騙されて高値で掴み取らされるところでした。

そうならなくて本当によかった~