みなさまこんにちは!

ストレージ大家のひらです。

最近特に目につく仲介の問題があります。
私は立て続けに3~4回やられて、
正直辟易しています。

昔からある問題ですが、
皆様も十分お気をつけください。

ポータルサイト情報は不動産投資のベース

不動産投資の物件情報には、

メーリングリストからの情報、
口コミからの情報、

などもありますが、
ポータルサイトからの情報は私に限らず不動産投資家の源泉です。
ポータルサイトに載ったら良い情報ではないと言う方もいますが、
それは違います。
値付け誤りなども未だ多い世界です。

ポータルサイトからの問い合わせ

ポータルサイト経由での問い合わせを
私は日に何本かはやっています。
特に最近の利回りの向上には目を見張るものがあります。
必然的に問い合わせの量も増えています。

しかし、その中で、今かなり悪質な業者のやり方が目立っています。

再建築不可物件の偽り

ある都内の情報に問い合せた時のことでした。
問い合わせしてすぐに電話が掛かってきました。
(電話での連絡にして欲しいとは書いていません)
するとすぐわかったのは再建築不可であることです。

これは間違いではありません。
ほぼ確信犯と思って間違いはありません。
その理由は、まずこうして相手の希望を無視してすぐに電話を掛けてくること、
そしてすぐに現地案内を促してくるからです。

再建築不可物件には注意が必要

再建築不可が必ずしも悪いという訳ではありません。
私も再建築不可はやります。

ですが他の物件に比べてやりにくいですし資産性もないのですから、
当然私が求める基準は再建築可能と全く異なります。

再建築不可であるのなら価格が二分の一、三分の一でも成り立たない物件がほとんどなのです。

現地案内をすぐにしたがる業者

ポータルサイトに載せている情報には再建築不可であることは書いていません。
書いている業者がほとんどだと思いますが、
わざと書かずにこうして電話してくる業者が最近特に多いのです。
こういう業者は詳細情報をポータルサイトのI/Fから要求しても無視して、
まずは現地案内しますといった風に返してきます。
ともかく人を引っ張り出して購入の流れに持っていきたいのでしょう。

偽る業者と対応しないポータルサイト

「ポータルサイトの情報に再建築不可という記載は無かったですよね?」

と聞いても「そうでしたか?」という態度です。
正直まず確信犯です。
そしてそんな業者に最近3~4社私は当たっています。
実はこれを書いている11月7日にも1社からこちらはメールでですが、問い合わせた物件情報に一点誤りがありましたと再建築不可である連絡が入っています(こちらは単なるミスかも知れません)。

昔からある問題だが最近特に多い

おそらくこれをお読みの読者の方の中にも相当数同じ被害に遭った方がいらっしゃることと思います。
昔からある問題ですがともかく最近特に多いです。
大手ポータルサイトは軒並み同じです。

もちろん知らないとは思えません。
こういった情報が多いことを知らないはずはありません。

もし非常に厳しい対応をしていたならこんなことには昔からなっていないのですから、
正直ポータルサイトも見て見ぬ振りなのでしょう。


時間の無駄

本当に時間のムダです。
こういう対応をする業者なら今後も付き合う価値はありません。
弊害のほうが大きいです。

再建築不可でもやって良いものはあります。
ですが多くは成り立ちません。
そんな虚偽情報が一定数紛れ込んでいて最近特に目につきますので、
皆様も十分ご注意ください。
そういった業者には十分ご注意下さい。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!