先日某不動産会社主催の東南アジア海外投資セミナーに参加し、興味のあったベトナムの不動産投資に関して詳しいお話を後日聞きに行きました。

格安の豪華タワーマンション

販売されている物件は、ベトナム最大の商業都市ホーチミンの中心部からは少し外れるものの、「高級住宅街」と位置づけされているエリアの新築タワーマンション。2LDKのお部屋がなんと1,000万円台で購入できるとのこと。

マンションの敷地には噴水がある池や公園、そして高級マンションにはお決まりの車寄せもあります。極め付きは屋上にあるインフィニティプール。シンガポールの「マリーナベイサンズ」を彷彿させるラグジュアリなプールが堂々と完成パースに描かれています。

こんな緑と水に囲まれた高級タワーマンションが1,000万円台で購入できるなんて夢が膨らみますね我々夫婦は「自分たちが住みたい!」とエキサイトしていました。

当該物件の竣工予定は3年後。利回りは最近よく見る都心の新築アパートくらいでしょうか。キャピタルゲインは狙えますが、既にベトナムは土地価格が大きく上昇しており、それがどの程度になるかは不確実とのこと。

さて、投資をするべきか!?

ベトナム経済は依然急成長中で、中間所得層の購買力が上がっています。最も大きなメリットとしては、外国人のみならずベトナム国内の中間所得者層が購入できる価格帯であるため、流動性リスクが他のアジア新興国より比較的低いことです。

その他、簡単に今回の物件のメリット/デメリットをまとめてみました。

<メリット>
1,000万円台という手軽な投資額

・日本以外の分散投資による長期的なリスク回避

経済成長が著しく、大きなキャピタルゲインが得られる可能性

・自ら住んでもよいと思える物件クオリティー

<デメリット>
ベトナム通貨「ドン」の為替リスク

・登記制度が未整備

・送金の規制があり、資金の移動が煩雑

ローンを利用できない

悩ましいですね~

もう少し利回りがよければ即決ですが、しばらく熟慮して方向性を決めたいと思います。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。