みなさまこんにちは!

ストレージ大家のひらです。

受益者負担金制度というものがあります。
市は土地の価値が上がるからみな負担しなさいと言うのですが。
大家にとって本当に得なのでしょうか?
 

受益者負担金制度

受益者負担金制度というのがあります。
市公共下水道に係る事業の受益者負担に関する条例に基づき下水道が整備されることにより直接利益を受ける方(土地の所有者又は権利者)に建設費の一部を負担していただく
と定められていて、
要は公共下水道が整備されると土地の利用価値が高まるので、
原則として整備される区域内に土地を所有している人は強制的に負担をしなさいというものです。

私の持ち物件の1つでこの整備が有り、
私は支払いたくなかったのですが、
半ば強制的なものなので、
仕方なく私はこの負担金を今年から分割で支払いを開始しています。

受益者負担金制度大家は本当に得?

さて、市の言い分は
「土地の価値が高まる」から
(強制的に)「その費用はみんなで負担しなさい」
と言ってきますが、

本当に収益物件を持つ大家にとってそれは得なのでしょうか?

これにはインカムゲイン、キャピタルゲインの両方から考える必要があります。
キャピタルに関して言えば、
市が言うような価値向上はまずないでしょう。
公共下水道がその土地の前まで来てくれただけではもちろんですが、
仮に公共下水道に繋いだとしても、
その分高く売れることはありません。
多少売りやすくなるというのが関の山です。
他の修繕とか皆そうのですが、

こういうのは(本当に残念なことに)やったもの損です。

受益者負担金制度はお役目

本来こういうのは市がやるか、
私たちは選択できるべきだと思います。

持ち家の方にはメリットあるかも知れませんが。

私達大家にとって受益者負担金制度はもうお役目、

と私は割り切っています。

選択できるのであれば私ならやりません。
これも物件を持っている国からのハンデ、
私達大家にとっては税金のようなものでしょうか。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!