こんにちは!Mr.&Mrs.大家です。

前回は昨今のきびしい融資事情をお話しましたね。

このような状況のなか、はたして物件買い付けの「申込書」という書式は必要なのでしょうか。

買い付け証明書って緊張しませんか

我々の不動産投資人生はじめての申込書は妻が記入しました。多くの不動産関連の書籍には「申込書」には法的拘束力もなく、気に入った物件があれば迷わず出すべきと書いてありますが、さすがに高額な取引のため最初は緊張しましたね。

購入価格、手付金、融資利用の有無、特約などシンプルな内容ですが、慣れない妻は手付金を一桁間違えて記入してしまい、1億円越えの物件にもかかわらず数十万円と記入(笑) 訂正して提出したものの、別の理由でその物件は結局買えませんでした。

その後、何度も申込書を入れても購入できないという経験をし、買い付け自体を出すことに躊躇することはなくなりましたが、いまだに我々の基準としては、「もし一番手になって融資が通ったら絶対買いたい」と思える物件にしか申し込みをしないように心がけています

融資が厳しいなか、申込書の意義は?

以前のように融資が比較的通りやすかったときは、申込書の提出順で番手を競う意味は大いにありましたが、いまの状況ですと、買い付けを入れても銀行の審査で否決されるケースが多いため、その意義は失われているようにもみえます。人気物件によっては、申し込みの順位ではなく、売買契約書の締結、もしくは融資付け内定の順位にしている業者さんもいます。そうであれば、誰でも書くことができる買い付けの「申込書」は必要な手順なのでしょうか

不動産会社さんでも意見がわかれる

これに関しては、いまだに申し込み順で決している不動産会社もあれば、前述のように申し込みの書式は省略して融資の内定順にしているところもあるようです。書式を必要としている会社は、買い手の「買う気」を見極めるとともに、社内の営業間の調整用の書式として主に活用しているようです。

印象としては、全体的に融資が通りにくいご時世なので、申し込みよりも契約・融資を優先する傾向になっていると思いますが、皆さまのご経験ではいかがでしょうか。

 

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。