いつもコラムをお読み頂きありがとうございます!

 

私が不動産投資をする際に意識している事があります

それは

参入障壁の高い物件を購入して

参入障壁の低い物件に変えてから売却する

という事です

 

それはなぜかというと

このような買い方、売り方をする事で

安く買って、高く売れるからです

 

簡単な例を挙げますと

全空の1室も客が入ってないアパートでは

「本当に客付け出来るのかな?」

という不安感がありますし

銀行からの融資も付きづらいので参入障壁が高い物件だと思います

 

このような物件は指値なんかも効きやすいの

安く購入できる可能性がありますよね

 

そのような全空アパートを購入して、

綺麗にリフォーム、リノベーションして

更に客付けして満室にすれば

購入者さんも安心して買いやすくなります

 

そして

満室の場合、銀行融資も引き易いですから

購入しやすい参入障壁の低い物件となりますよね

 

こうなりますと多くの投資家さんが買いやすい状態になるので

競争が発生しますから高値で売りやすくなるんですよね

 

その代りこのようなスキームで物件売却する場合は

全てのリスクを背負う必要があります

面倒なリフォーム、客付け作業も

全てやってあげる必要があるんですね。

 

そして綺麗なピカピカの状態にして

全ての空き室を埋めて

即賃料発生する状態にしてあげれば

購入時よりも高値で売れるのは容易に想像できますよね

 

これはリスクテイクと面倒な作業を全て引き受ける

その対価と言えるかもしれません

 

私が購入している物件もほとんどが空き家のボロ物件です

しかも田舎のエリアなので

賃貸の客付けが出来るか不安に思っている方が多いんですよね

ですから心理的に参入障壁が高い物件なのだと思います

 

それを綺麗にリフォームして、賃貸の客付けをして

買主さんが買いやすい状態で売却をしているんですね

(私の場合はある程度の期間保有して賃料収入で

ある程度回収してから売却をしています)

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)