不動産投資で、見落としがちなポイント

それが火災保険

木造とRCまたは鉄骨では、値段がかなり違う

感覚的には、木造は5倍ぐらい値段が高い・・・。

極端なことを言うと、ワンルームマンションの区分6部屋と、6部屋一棟の木造アパートの火災保険だと、ワンルーム6部屋合計で3万円、6部屋の木造16万円・・・ぐらいの差があります。

地域や、諸条件によって違いますが、こういう差が結構あります。

維持費で13万違うと、月々11000円。

6部屋だとすると、1部屋あたり月2000円ぐらい違う・・・。

さらに、木造アパートの固定資産税と、区分マンションの固定資産税だと、どちらが高いかは、ケースバイケース。
木造アパートの方が土地を多く含むので高いことも・・・。

一棟アパートのメリットもありますが、区分のメリットも多いので、現金を持っているなら、中古の区分マンションの方が、いろいろと得かも・・・。

なお、地震保険は地域差が非常に高い。

保険金1000万円あたり、7000円ぐらいの地域、4万円ぐらいの地域など、5倍ぐらい単価に差がある。

★具体的な保険料例★

鉄骨・RC 岩手県、長野県、鹿児島県等 7100円(地震保険1000万円あたり)

鉄骨・RC 千葉県、東京都、静岡県等 25000円(地震保険1000万円あたり)

木造 千葉県、東京都、静岡県等 38900円(地震保険1000万円あたり)

びっくりするぐらい、価格が違います。

地域を選ばず投資をしている方は、保険料も一度全部計算して利回りを計算した方が良いです。

不動産物件情報に、固定資産税は結構公開されているけど、火災保険・地震保険は公開されていないことが多いので、ご注意を!