不動産業者は十人十色

不動産投資を実行するにあたり、自分で書籍を購入し読み漁りもしましたが、様々なセミナーに参加して色んな業者と話を交わして来ました。

新築区分、新築アパート、中古RC、築古アパートなどなど、それぞれの不動産業者が資産運用プラン、投資シミュレーションの説明を熱くして下さいました。

節税になります」「資産を形成できます」「キャッシュフローがでます」いろんなメリットを説明して私の購買意欲をくすぐってくれました。

「不動産投資って素晴らしいな」と感じる一方で「こんなおいしな話があるのか?」と不安はどんどん増すばかりでした。

ちょっと異質な雰囲気の2社

そんな私に最後まで興味を持たせた不動産業者が2社ありましたが、その2社には共通して感じたものがあり、最終的にそのうちの1社と取り引きを行いアパート1棟の購入に至りました。

その2社に感じたこととは… 不安感です。

この業者、大丈夫かな?」という心配する気持ちです。

それは「この業者と取り引きをして大丈夫かな?」という心配ではなく「この業者、ちゃんと儲けを出しているのかな?」という業者側への心配です。余計なお世話ですが。

取り引き利益はどこへ行く?

よっぽどのレアケースでない限り、1つの取り引きで得られる利益はおおよそ決まっていると思います。

例えば2000万円の物件から500万円の利益を出せたとしても5000万円の利益は出せない、そんな取り引きが成立するのは困難だということです。

先の例えで言えば、多くの業者は「うえさん(私)は、これから不動産投資でどんどん儲かるので、この500万円は業者側で頂きますね」というスタンスです。もちろんそんなこと口に出して言わないですが、そういう匂いがぷんぷんしてますし、実際の見積もりがそう物語っています。

取り引き利益の一部が私の元に?

私が心配した業者はこの500万円の何割かをこちら側に分配してくれようとします。敢えて儲けを全て回収せず、その一部をこちらに敢えて提供してくれようとします

最初はますます怪しいと感じました。これからの不動産投資で十分に資金回収できるシミュレーションなのに、初期投資を軽減させてくれようとするのですから、自己資本を守ってくれようとするのですから、しかも頼んでもいないのに向こうから

洗練された事業戦略

最終的には、このどちらの業者も大丈夫だと判断したのですが、大丈夫だと判断した理由はその事業戦略でした。それぞれ他の業者からは聞かれなかった独自(?)の事業戦略を持っており、短期、つまり1回の取り引きで私から利益を回収するのではなく、長期的に利益を享受しようとそれぞれ考えていました。

今回はその事業戦略がより私の考えに近かった方の業者と取り引きを行いましたが、ステージが進めばもう1社の方も十分私のパートナーとなり得ると考えています。

売り切りで終わりの業者

それっきりの付き合いの業者は儲けを1度の取り引きで全て回収していこうとします。1度の取り引きと言わずも借り入れの限度額までは甘い言葉を囁いて、借り入れ限度額まで到達したら別の蜜を探しに行っていなくなってしまいます

信頼できる業者とは?

私の考える信頼できる業者は長期的に利益を回収しようとします。業者が長期的に利益を回収するためには、短期的に投資家を破綻させる訳にはいかないので、アフターケアも手厚く継続して行ってもらえるよう感じました。そして、その間、投資家もその恩恵に預かり、細く長く利益を享受し続けることができます。

それぞれがそれぞれの思惑があるのですが、結果としてwin-winの関係が築けていけるのではないかと感じています。

業者と共に成長していく

私が今後さらに投資規模を拡大するために、私はさらに業者に儲けてもらいたいと、業者の規模も拡大して行ってもらいたいと考えて、私側からなにか業者にできることはないかと日々考えて実行に移しています。

業者が存続する限り、私の退場も遠のくでしょうから