不動産売買でのお金のやり取りは膨大な金額が動きます。

億単位のお金など普通の生活をしていれば見ることもなく、

そんな大きなお金をモノの取引で使うことも無いでしょう。

私も不動産投資を始めるまでは、

数千万円のお金すら動かすことはありませんでした。

 

ところが不動産売買では数千万円は当たり前であり、

数億円のお金でも極普通にやり取りが行われている世界です。

こういう大きなお金を扱うようになってくると、

金銭感覚というものが麻痺してくるようです。

 

日常生活では1万円であっても大きなお金です。

私は以前、家からの小遣いを1万円しか貰っていませんでした。

というか、家計が厳しくて1万円位しか割り振ることができなかったのです。

ただ私の場合、

タバコは吸わない、お酒は飲まない、ギャンブルはやらないので、

特に何もなければ1万円で何とかなっていたのです。

なんかつまらない人間ですね。

でも本当は趣味も多いので以前は結構お金使っていたんですよ。

小遣いが1万円は子供の成長の為です、はい!

 

話を戻します。

不動産投資では物件売買以外でも大きなお金が動きます。

そもそも家賃収入でも月数万円、数十万円以上入ってくる上に、

出て行くお金も修繕で数十万円、数百万円などの支出がザラにあります。

普段取扱っていた金額の数十倍の金額を常に動かすことになるのです。

 

ここからが本題です。

こうした大きなお金を日常茶飯事に取扱っていると、

実際には大きなお金を得したり損したりしています。

私が常々感じることは物件購入時の値引きに関してです。

仮に152,000,000円の物件が売りに出ていた場合、

この物件を151,000,000円で買えたとしましょう。

この数字を見て「う~ん、凄く安く買えて得した!」なんて思うでしょうか?

152,000,000円で買えても、

「まぁ、そんなものかな。」なんて思うのではないでしょうか。

でも151,000,000円で買えた場合でも1,000,000円も値引きしているのです。

ひゃくまんえんですよ!百万円あったら色々なことができます。

 

実際私は6千万円台の物件を購入する際、

私が指値した訳ではないのですが、

業者から土地をやすく買うことができたので、

物件価格を百万円値引きできますと言われました。

このときの率直な気持ちとしては「なぁ~んだ、たった百万円か!」

なんて思ってしまいました。

金銭感覚の麻痺って恐ろしいですね。

その時の感覚は、

6,600円のものを6,500円にしてもらった程度の意識だったのだと思います。

 

さらに不動産売買での取引の驚くところは「指値」のシステムです。

通常の物品売買でも指値または値引きは行われますが、

ここでもお金の単位が大きいことに驚かされるのです。

例えば2億の物件を1億8000万円で指値して通った場合です。

2,000万円の差が出ます、これは買い側の利益です。

ダメ元で交渉しただけで2,000万円です!

黙っていればそのまま元の売値で買ってしまい損をしていたでしょう。

地方の建売戸建が買えてしまう金額なのです。

 

最近は物件需要の高まりから指値をすると買えなくなることが多いです。

それは売主側で指値を承諾しなくても買い手が多く居るからです。

でも中には割高な物件も存在しており、

そういった物件は長期に渡り売れ残っている場合があります。

これはチャンスです!

売主も弱気になっているので意外な指値も通ることがあるのです。

もし問題の無い物件であった場合、

指値により利回りが1%以上上がったなんて事例も多々あります。

ダメ元でチャレンジしてみるのもひとつの手かもしれません。

そんな隠れた優良物件がまだまだあるかもしれませんよ。

 

戸田 匠