皆様、根本伸之のコラムをお読みいただき誠にありがとうございます。

 先日、私の保有するマンションで約15年入居していただいた一人暮らしの女性が退去されました。

 非常に残念ですが、入居者の事情もあるので致し方ありません。

 15年も住んで頂いていると、退去後の部屋もかなり汚れていてクリーニングやクロス張替え、フローリング修繕などかなりのお金がかかるのではと少し心配しておりました。

 退去後すぐに、内見希望者が来たので「クリーニングもリフォームもしていないのに、内見させてしまって大丈夫だろうか?」と心配になるほどでした。

15年男性が入居してもらった後の部屋の状態は、かなり汚い

 なぜなら、過去に別の物件で15年入居の男性の部屋が空いた時の状態を見たことがあるからです。過去の15年入居者の退去後の部屋は実に汚く、この状態で入居希望者の内見をしたら絶対に入居してもらえない自信がありました。

過去の15年入居後の部屋の状態は、次の写真のような状態です。

 

 この状態で内見しても、多くの人が決めてくれないですよね。

今回の退去も同じ15年です。こんな状態を想定していました。

女性は15年入居でも綺麗に使っている。

 しかし、今回は、違いました。女性だからでしょうか?なんと、びっくりするほど、非常に綺麗に使って頂いておりました。

 もちろん、新規入居者の為にクリーニングをする必要はありますが、内見をする上では全く問題がありません。

 これでは、先に頂いている敷金もその多くを返金する必要があります。でも、大家負担の修繕費も抑えられます。有難いことです。

 下の写真がその状態です。繰り返しますが、15年間住んでいた入居者(女性)の退去直後の写真でルームクリーニングもリフォームをクロス張替えもしていません。

 男女差別をするわけではありませんが、同じように長期入居で、部屋の綺麗さは人によってこんなにも違うものかと驚いた次第です。

 私も男なので良く分かりますが、だいたい部屋を汚く使ってしまいます。

 女性専用の賃貸住宅は、退去における大家負担のコストも、男性入居に比べて節約できるものであると改めて感じました。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

根本 伸之