日曜大家です。
いつもコラムを読んでいただきありがとうございます。
今年は購入を控えていましたが、あるきっかけで購入することになりました。
どうして、購入を控えていたのか。
購入経緯について報告します。
 
 
■購入前までの経緯
今年は物件が高騰している状況から購入を控えていました。
不動産会社の方と色々話すと、こんなことを言われます。
『同じようなことを言われる投資家さんが何人も来られていますよ』
『最近、女性や若い方も多く問い合わせがあります』
『安い物件は状態が悪くても、すぐに売れてしまいます』
このような状況が続いていました。
 
自分の基準に合う物件になかなか見つからない状況でした。
無理して購入するつもりもありません。
そこで、良い物件に巡り合うことに備えて、今年は物件見学や知り合いの物件調査に終始。
そして、貯蓄!!
その他は、自分の時間をつくることを心掛けて行動していました。
 
 
そんな状況でしたが、購入することになった物件とは!!
 
 
■物件情報
購入した物件は、業者からの紹介ではなくネット情報です。
知り合いからも、自宅から近くなので情報が入ってきました。
1.自宅から車で30分以内 
2.土地値以下
4.駐車場スペース有
5.3DK
6.築30年代
7.室内は築年数相応、外壁は後からサイディングされている点はプラス
8.学校やスパーマーケットなどあり、その地域で生活が完結できるエリア
9.想定家賃から利回り20%超
 *国道・高速に近く車通勤には良い場所
 
上記の情報から・・・
①駅からは遠いが、駐車場1台確保でき賃貸需要は十分ある
 目の前にも大型駐車場もあり
②内装のリフォーム中心で築年数の割にリフォーム費用は安く済むと想定。
③自宅から近い点は魅力的
④入居者のターゲットは新婚カップル、ファミリー子供一人、老夫婦等   
*上記情報から総合的に判断して、購入を検討!!
 
 
■物件調査前の行動
物件調査の前に周辺環境確認と家賃相場を確認をします。
自宅近くなのでイメージできていますが、再確認です。
実際に周辺に行って、人の流れや雰囲気を確認。
小学校・中学校・高校が近い
周辺に会社や工場も多い
近くの不動産会社や大手管理会社に確認して家賃相場も概ねイメージ通り。
最安の家賃設定でも運営可能なレベル。
そこで、物件調査を開始。
 
 
■物件調査
どんなに安い物件でも必ず物件調査をします。
自分で調査して納得して購入したいと考えております。
物件を見ながら、頭の中でリフォームのイメージをします
一通り見てリフォーム費用も概算で想定します。
今回の調査で判明した点としては1階の床の調整が必要な部分。
内装工事については築年数から判断してイメージ通りで想定の範囲内でした。
現地調査でリフォーム費用もある程度判断できましたので購入を決意。
希望の指値も通り、購入することになりました。
 
 
 
■まとめ
買いたい気持ちを抑えて、自分の基準の物件が見つかるまで焦らず待つこと。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!!
ではまた、コラムで会いましょう。