お元気ですか、お宝トミーです。

今回のコラムは、精神疾患の入居希望者を入れてどうなった?

というタイトルでお送りいたします。

書くか?書かないか?

この内容は非常にナーバスな問題です。

誤解がないように言っておきますが、これはあくまで自分の身に起きた大家の出来事で、病気だからそうなったという結論付けしてはいないことを最初に申し上げておきます。

なので、この結果を見て、やっぱりか!などの答えは早々に出さないで欲しいと思います。

慎重に考える?やはりリスクがある?

などの問題提起になればと思いますが、結末は・・・。

今日も最後までコラムにお付き合いいただけたら幸いです。

 

非常に判断に迷いましたが、

これは、二年前の話です。

管理会社の担当から

「あのう、入居希望者が現れました。通常、問題なければいつも通り入居審査に入るのですが、」

と切り出され、これは何かあるな?

そう思い、続きを聞くことにしました。

「入居希望者は、精神疾患患者さんなんですが、既に病院を退院していて独立されるそうです。そこで、一人暮らしをするそうなんですが、」

この入居希望者、若い女性で病院を退院したばかりだという。

病もほぼ完治して日常生活には何ら支障はないそう

ただ、定期的な通院が必要なのと生活保護の受給申請をする

そのようなお話でした。

 

さらに、父親も定期的に娘さんの様子を見に行き問題がないようにケアする

連帯保証人も会社代表を務める父親

保証会社も入れるので、何とかお願いできないかとのこと

今まで、精神疾患の方はその後のことも考え申し訳ないですが、お断りしていました。

しかし、今回のケースは自立し問題もなく日常生活を営める

これは、大家としては入居付けの大変な場合の人たちの人助けにもなるのでしょうが、何せイチかバチか的な発想にもなってしまいます。

 

不動産仲介会社の猛プッシュ

仲介も信頼のおける会社であり、何とかお願いということなので決断することに

最終的には、管理会社と話して保証会社の審査を受けることを条件にお受けしました。

管理会社の担当も、親御さんもしっかりした方だし、何か問題があればすぐさま退去することに同意しています。

もちろん、ご本人ともお話ししていますが、問題ないように思います。

総合的に判断して、自分自身の判断で決めたことになりました。

 

何も問題がなく約2か月・・・

管理会社からメールからこんなメールが、

 

残念なご報告となりますが、(物件名〇〇〇、〇〇〇号室 ○○様より)

6月末で解約のご連絡がありました。

結婚することになった ので、解約されるとの事です。

今年の4月からのご契約でしたので、期間内解約違約金、広告料の返金手続きが

発生いたします。

えっなんと、契約締結日が4月13日、契約期間が4月15日からなのでその間わずか2か月半・・・。

 

これは唖然としました。

病院から退院後2か月で、そんなに早急に結婚が決まるものなのか?(笑)。

これは、何かの作戦なのか?

今では(当時も)、ほんとのことは知る術もありませんが、入居時費用と退去時違約金を払って引っ越しというめんどくさいことも行ってこの2か月半の間に何があったのか?何の得があったのか?

自分としては、損もしませんでしたが、ただちょっと迷って考えたあの時は何だったのか?時としてそう思います。

入居期間は特に問題を起こしたわけではありませんが、特に謝罪も何もなく淡々と退去したようで何か腑に落ちない出来事でした。

まったく何を考えてるのやら(笑)。

  

今日のコラムが少しでもみなさまの参考になったのなら幸いです。

それでは、今日はこの辺で