お元気ですか、お宝トミーです。

今日のテーマは、儲かる大家、儲からない大家の違いとは?

というタイトルです。今回は、実践大家コラムなので「儲かる大家、儲からない大家」という狭い視点のみで書いてみたいと思います。

そもそも、サラリーマンから大家になった人は、初めはあと給料が3万円多かったら?

そんな発想で副業を探していたら、勤めながら片手間にできる不動産投資に行きついた人も多いのかもしれません。

そして、副業で30万円稼げたら会社辞めよう!

この目標は、不動産投資の仕組みを理解したらいとも簡単に達成できることを知ってしまいます。

その後、副業で行くか?兼業で規模拡大を狙うのか?はたまたセミリタイアを目指すのか?

選択肢はおのずと増えていきます。

これは、その人それぞれの考えとライフスタイル、家族構成等の要因があり、そもそも答えなんかありません。

もちろん、自分のようにサラリーマン稼業に切羽詰まった人が「これだ!」と思い人生賭けて行う事業でもあります。

人間50万円、いや100万円手取り収入があっても足りない人はたくさんいると思います。

ただ、お金はいくらあってもいい

それは現代社会においてまったくの事実です。

不動産賃貸業、いわゆる大家さんも儲かる儲からないの二極化も進んできています。その原因は当初からの意識の違いからくることも多いのかもしれません。

何もしなくても儲かったいた時代を知らない我々は、大家業がうまくいかなくなってきたらどこかで考えを「儲かる大家思考」にリセットしながら試行錯誤をする時間を作らなければ、あっという間に負け組大家真っ逆さまになってしまう。

そんな危機感を抱きながら今後望んでいったほうが良さそうです。

今日も最後までコラムにお付き合いいただけたら幸いです。

 

儲かる大家、儲からない大家

これは、以前あるセミナーで聞いた話です。

極論ですが、この両極にある大家の思考の違いが非常に参考になったので、比較してみたいと思います。

まず、第一に

収入と利回りをどう捉えて意識しているのか?この根本的な意識の差が将来的な経済的自由を左右します。

儲かる大家さん

常に自分で数値を見つけて、収入と費用(経費)、利益などを常に意識している

そのため収入アップのためには、どのようにして費用(経費)を抑えていくのか?また、その策は?と常に考えている

儲からない大家さん

数値化は一切考慮せず、収入になればいいと思っている。

その数値は、確定申告等の結果で判断

 

第二に、

ハード面(物件)の環境の把握

こちらに関心がなくなってくると今後の賃貸経営に暗い影を落としていきます。

儲かる大家さん

常に競合エリア、競合間取りを調査・把握し、自分の物件と比較し対策を練る

儲からない大家さん

自分の物件は、特に問題ない。今の時代、多少空室でもしょうがない。逆に管理会社・周りの仲介会社に問題があると感じている。

今回は第二までご紹介しましたが、この一見当たり前のような違いが今後に及ぼす影響は計り知れません。

では、次回は第三からの比較をご紹介します。

 

今日のコラムが少しでもみなさまの参考になったのなら幸いです。

それでは、今日はこの辺で