不動産投資のリスク。

こんにちは! 埼玉サラリーマン大家です。

最近は不動産投資ブームも当たり前になってきた感じがあります。知り合いから不動産投資に興味があると相談を持ち掛けられる回数も増えてきました。

一方で、、、

不動産投資って、なんだか怖いイメージや腹黒いイメージがありますよね。しかも、破綻とか自己破産とか、、、そんな怖さも付き纏います。

 

いろいろな投資がある中で、不動産投資のリスクが高いのはなぜでしょう?

 

その理由は、『最大BET』です。

どうしても、不動産投資を始めるとき(投資初期)では、自分の余力を全部つぎ込んだ勝負となりがちです。株式やFXなど、他の投資のように『余裕資金の一部で運用してみよう』なんて気軽な気持ちで始めることが難しい側面があります。(よほどの資産家やお金持ちでなければ)

 

なぜなら、、、

・不動産投資は数千万円~億単位の勝負となることが大半
・つぎ込んだお金が多いほど勝率が上がるシステム
・つぎ込んだお金が多いほどリターンも多いシステム

となっているからです。
そもそもお金持ちや資産家のためのゲームであり、防衛手段なのです。

 

一般人が夢をみて、不動産投資にチャレンジをする場合(私もそうでしたが)

1棟目から数千万円の勝負をしていくことになります。
貯蓄が数百万円しかなくても。

 

この単位で投資をしていくことは、他の投資では普通は考えられません。貯蓄の額を大幅に上回る勝負をするなんて、、、頭がおかしくなっていない限りは無理です。

でも、不動産投資では それが普通なんです。

 

こう考えれば、不動産投資が極端にリスクの高い行動をとっていることが分かると思います。

 

なら、不動産投資はしないほうがいいのか?

冷静に考えてみると、正気ではないようなギャンブルにみえます。

でも、一般人が逆転を目指すのであれば不動産投資には大きな魅力があります。今の世の中は、お金持ちが更にお金持ちになる仕組みとなっています。

そして、一般人が平穏に人生を過ごしていけば将来が安泰であった時代も終わりを迎えそうです。一億総中流社会なんて今は昔、、、日本の社会構造は恐ろしい勢いで変化をしています。

 

一般人が逆転をするには、リスクを負うしかありません。
自分の身は自分で守るしかないのです。

 

基本的に、逆転を目指すには事業を始めるしかないです。
不動産投資を事業としてとらえた場合、その優秀さは際立ちます。

利益率などでは、他の事業に勝てませんが、、、
成功できる確率は桁違いに不動産投資に分があります。

 

その理由は、サラリーマンと併用しながら運営できるところにあるでしょう。本業で稼ぎながら、副業として事業を運営していくことができるのです。柱が2本になることで成功率が格段に上がります。

脱サラして、事業を始めても失敗したら終わりです。
不動産投資なら両輪で稼いでいけるのです。補完し合うことができます。

 

投資やギャンブルではなく、事業としてとらえた場合、
多額の借金をしてまで勝負する行為も『正気でない行為』ではなくなります。

私の感覚としても、投資というよりは事業です。

 

ですから、不動産投資を始める際は、『投資』という気軽な気持ちではなく、『事業』を始めるんだ!という覚悟を持つことが成功への一歩となる気がします。

不動産投資で成功した方々とお話をしていても、事業としてとらえていると感じることがほとんどですから。

(つまり、、、投資という枠に収まらないくらいの面倒がいっぱいあるということでもあります 笑)

 

今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!