みな様、根本伸之のコラムをお読みいただき誠にありがとうございます。

 不動産投資における物件購入は、通常、不動産会社から物件紹介を受けて、金融機関に融資交渉をするものですね。

 この場合、融資審査が難航し、承認が降りなかったり、審査に時間がかかったりすることで他の人に持っていかれたりすることも多く、なかなか購入できない状態になった経験がある方も多いのでは無いでしょうか?

金融機関からの紹介は最強

 しかし、金融機関から「こんな物件あるのですが、どうですか?」と物件紹介を受けることがあります。

 この場合は、ほぼ購入が出来ます。なぜなら、一番高いハードルである融資がついているからです。不動産会社も「買える客」として認識してくれるので対応が違います。

 しかも、金融機関の紹介の物件は、比較的良質な物件が多いのです。金融機関も自分が紹介する物件で、自分が融資をするわけですから、悪い物件は勧めたくありませんね。

でも、紹介を受けるには、

 さて、この金融機関からの紹介を受けるのは、一般的に普通の投資家ではだめです。その金融機関から見て、以下のような状態でなければ、紹介などされないでしょう。

条件1:
 既に高額の融資を受けている等かなりの取引実績があること。

条件2:
 属性(年収や資産)が充分にあること。

  やはり、資産持ちが更に資産を増やしていくように、世の中出来ているようです。

 これについて、不平不満を言っても仕方ありません。

 自分が金融機関の担当者になった立場で考えてみれば良く分かります。
 過去に取引したことが無い人、属性が不充分な人に、融資付きで物件を紹介するなんてありえませんね。自分が物件を紹介した投資家の返済が滞り、不良債権になったらそれこそ担当者として大問題です。

実績も属性も無くても金融機関から物件紹介された事例

 ところが、先日のコラムにも書かせていただきましたが、この条件にひとつもあてはまらずに金融機関から物件の紹介を受けた人が居ます。

 彼は、取引実績が無く、属性も悪く、上記条件のどれにも当てはまりません。

 しかも、これまで融資を受けられなかった経験のある金融機関からの紹介です。 彼には、上記の条件は無かったものの、他の不動産投資家に比べて優れているものがありました。

 それは、物件そのものの調査力、地域周辺に関する知識、競合物件の状況把握力。そして満室経営をするための方策を考える力です。不動産投資家ならば、誰もが実施しなければならないことです。これを徹底的にやり、金融機関に説明したのです。

 もう一つは、熱い想いです。諦めない姿勢と積極的な姿勢、地域に貢献したいという想い。

 これらが、金融機関の担当者の心を動かしています。

 その結果、一度は駄目だった融資でしたが、後日、別の物件を金融機関から紹介されています。

 融資がおりないという状況にお悩みの人もいると思います。
彼の動きを参考にされると面白いのでは無いでしょうか?

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

根本 伸之