こんにちは!Mr.&Mrs.大家です。

Mr.&Mrs.大家は「お得」が大好きです(笑)。Mr.大家は車の運転中、進行方向が空いていて、対向車線が混んでいると得した気分になって喜びます(笑)。またMrs.大家はスーパーやドラッグストアでほしい品物を底値で買えたと得した気分になって喜びます(笑)。お得が大好きな二人なのでいろいろなお得をゲットするために日々邁進しています。今回は不動産に関連したお得をゲットする交渉術をご紹介します。

「おまかせ」交渉術で6%の値引き交渉が成立!

2年前に初めて物件を購入したときの話です。その物件を初めて見た時のさりげない交渉術(トーク)です。

不動産仲介会社Aさん:都内某私鉄急行駅から徒歩5分の新築アパート(一棟)で利回り7%!しかも初回満室保証。すごくお薦めです!

Mrs.大家(以降「Mrs.」):へぇ~。いいですね!でおいくらですか?

Aさん:△千〇百万円(ほぼ1億)です。オススメです!

Mrs.:アパートで1億円ってすごく高くないですか?(当時は築古アパート一棟で5,000万円前後まで、利回り10%前後でを探していました)

Aさん:立地がよいですからね~。入居者付けの心配不要ですよ。

Mrs.:でも利回りもそんなに高くないし…(その当時です)。「初回満室保証」要らないからその分お値引きしてほしいな~。Aさんが買うとしたらいくらだったら買いますか?

Aさん:初回満室保証なしで、ですか。僕だったら「端数の〇百万円を切って△千万円でお願いします」って言いますね。

Mrs.:えつ、そんなに大丈夫なんですか!(自分で計算後)利回りが0.5%も上がる!その金額だったら欲しいな~。売主さんに相談してもらってもよいですか?(この時点で既に「欲しい!」と思っていました。もちろん、融資ありきなので買えるかどうかわかりませんが…)

Aさん:えっ、その値段でいきますか?完成前なのでどうかな~。わかりました。一度話してみます。

数日後…

Aさん:やっぱりちょっと難しいですね。

Mrs.:え~、プロが(交渉の)値段決めてダメでしたって言ったらダメじゃん。もうちょっと頑張ってよ。←かなりのムチャぶり、ダメ出しです(笑)

Aさん:う~ん…自分で言っちゃったからな。もうちょっと頑張ってみます。

2週間後…

Aさん:なんとか行けるかもしれません。本当に買いますか?

Mrs.:Mr.大家にも相談してOK出てるから大丈夫です。(この時点ではMr.大家はまだ物件を見に行っていませんでした)

まとめ

皆さんはどう思われましたか?結果、無事に希望額で購入できました。初心者が故に成功した事例な気がします。成功要因は2つ、①プロの肌感覚の交渉可能金額が引き出せたこと(自分ではいくらのお値引きが可能、妥当なのかわからなかったです)、②アメとムチですかね。もちろん相手のキャラクターにもよりますが、人柄がよくガッツがある仲介担当者さんに出会えたということもあります。

今でもこのような流れで聞くことはありますが、「今は難しいですね~」や「いくらでもいいので買いたい価格を言ってください」とお返事されることが多く、買いたい価格を伝えるとその場で撃沈することもあります(笑)。

ニュアンスを伝えたかったのでウダウダな会話形式になってしまいました。すみません。こんな感じの交渉トークでよければまたご紹介したいと思います。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。