こんにちは、サラリーマン大家のTAKAです。

本日は、今年の私の目標の一つである「法人を作る」について、本格的に着手しようと思っていますので、法人をつくる目的などについてコラムを書いていきたいと思います。

1.法人をつくる背景

私は、サラリーマン大家なので、会社の副業禁止規定が気になります。おそらく不動産投資を行っていることが会社に知られたとしても大した反応はないとは思うものの可能であれば、極力会社に知られないようにしたいと思っています。

また、個人的な属性により不動産を買い進めていった場合には、どうしても税金の問題などにより、法人で不動産を経営した方がいい場面がでてくることが想定されます(サラリーマンとしての年収もそこそこあるので、所得税の問題と、譲渡所得の5年しばりにしばられたくないという思いがあります)。

さらに、昨年妻が仕事を退職し、フリーランスで仕事をしたいと言い出したので、妻のためにも法人をつくろうと思っています。

2.株式会社と合同会社

不動産投資を行う際には、株式会社か合同会社をつくるのが一般的なようです。今のところ妻を代表者にしたいと思っており、株式会社と合同会社の優劣を比較しているところです。

一般的な社会的信用力を考えると株式会社が良いのですが、手間とコストを考えると合同会社も魅力があります。

法人の設立には、かつては最低資本金制度がありなかなか難しかったようですが、現在は数十万円ほどあれば諸費用込みで株式会社がつくれてしまいます(合同会社はもっと安いです)。

3.おわりに

私の場合は法人をつくるが目標の一つですが、大切なことは年初に立てた目標を着実に実行していくことにあると思います。

もちろん状況に応じて年初の目標を変えるということがないわけではありませんが、目標に向けて動くことで道がひらけることが経験上多くあるように思います。

まだ1月ですが、みなさんもひとつひとつ年初の目標を達成していけるようにがんばりましょう!!

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。