いつもコラムをお読み頂きありがとうございます!

 

今回は私が6年間戸建賃貸をやってきて感じた

どんな戸建が賃貸の需要があるのか?

に関してお話ししたいと思います。

 

まず一般的な賃貸物件同様大事になってくるのが

生活の利便性です

商業施設や学校が近いとメリットが大きいです

 

そして駅までの距離ですが

都市部では重要なポイントかもしれませんが

地方ではあまり関係ありません

 

地方の場合はむしろ駐車場の有無が需要です

地方で駐車場無しは死活問題です

1台分あれば客付け出来ますが

2台分あればなお良いです

 

これはグレーですが地方では路駐が当たり前です

場所によっては当たり前のように家の前の公道に

駐車しているエリアもあります

 

なので前面道路が広かったりして路駐できるような場所は

プラス要素にもなったりします

 

地方では駅近にアドバンテージはありません

それよりも幹線道路が近い、商業施設が近い方が強みになります

 

そして物件の築年数ですが

私たち投資家が物件購入する際は

融資の問題や物件の稼働期間などありますから

築年数は重視するポイントですよね

 

入居者さんはそこまで築年数にこだわっているようには感じません。

ちゃんと綺麗にリフォームされていれば

築20年代でも築40年でもあまり関係ないようです

築年数がネックで申し込みを見送ったという話は

今まで聞いた事がありません。

 

それよりもまず見た目は重要だと思います

見た目が汚いと築年が新しくても客付けで不利

なのでクリーニングはしっかり行いましょう

 

特に水回りが綺麗だと入居者さんは喜ばれるようです

ファミリーの場合奥さんに決定権がある場合が多いので

主婦の心を掴むことが大切です

 

たまに庭の草がボーボーでほったらかしの大家さんも

いますが、そういったメンテナンスをしないと客付け出来ません。

 

そして

間取りも重要です

賃貸に関しては3DK、4LDKが一番人気があると思います

それよりも大きな5DK、6DKも玉数が少ないので供給が少ないため

大家族が借りて住まれるケースが多いようです

ただ間取りのデカいボリュームの大きな家はリフォーム費用がかさみます

 

間取りで一番まずいのは小さな間取りの物件です。

1K、1DK、1LDKみたいな間取りの戸建は需要がありません

戸建はファミリーがターゲットです

シングル用の間取りでは客付けしづらくなります

また建物面積も50㎡以上は欲しいですね

 

都市部であれば多少面積が小さな物件でも

許容してもらえるかもしれませんが

地方では絶対無理

 

地方の人は大きな家に慣れていますので

それなりに広さがあって庭付、駐車場付き

は当たり前なんですよね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)