祝! 新築。

こんにちは! 埼玉サラリーマン大家です。

先日、一番親しい友人が新築のマイホームを建築しました。ピカピカの新築マイホームって良いですね。設備も間取りも最新式で憧れの我が家という感じです。

とても仲の良い友人なので、心からの祝福を感じました。
妬みなどは一切ありません(笑)

 

ただ、、、(同時に)なぜか複雑な思いも感じました。

それは、マイホームを建築した金額を頭の中で計算してしまったからでしょう。注文建築で、一等地に、新築のマイホーム。

それなりのお値段になっちゃいます。
その大きな金額を35年ローンで返済し続けることになるわけです。

その費用対効果を考えると、割に合わないような気がしてしまうのです。

 

この金額を出すなら、、、
『不動産投資に突っ込めば、相当な利益を長期間ずっと獲得できるのに』と思ってしまうと、なんだか損をしているような気になっちゃいます。

もう、頭が不動産投資のことでいっぱいなのかもしれません♪

 

私は賃貸派ではないです。

マイホームを買うくらいなら賃貸に住んで不動産投資の規模拡大を優先したほうが良い!なんてことを言うつもりもありません。マイホームのメリットはたくさんありますから。

実際、私はマイホームを購入しています。

ただ、やっぱり新築には抵抗があって、、、中古物件で割安なものを探して築19年の住宅を購入しました。住宅ローン減税が使えるギリギリの築年数です。

すぐに転売しても損はしない価格です。自分が住む住居も投資目線でみてもお得だと思えるものを買いました。

 

ですから。

ですから、数年前から友人にも伝えていました。

新築にこだわる必要はないし、中古物件のほうがお金のことを考えたら得な部分もあると。

そして、友人も理解はしていました。

 

それでも、やっぱり新築を選ぶのです。
それが普通なんでしょうね。

日本人のほとんどが新築のマイホームを選択するのですから。

 

新築であることの気分の良さ、奥さんに対する気遣い、プライドの問題、中古への不安、、、などなど。

様々な点で中古マイホームへの敷居は高いようです。
(それも、よくわかります)

 

私が中古でも良いとおもえたのは、中古アパ―ト投資をしているからなのでしょう。自宅まで、『投資としてみても得か』どうかで考えるようになっちゃったということです。

不動産投資家って、貧乏くさいのかもしれません(笑)

特に中古物件に特化しているような、一般庶民の不動産投資家は。

 

中古マイホームも良い。

今の中古マイホームには8年くらい住んでいます。
家賃を払うとしたら、月に10万円くらいでしょうか。

すると、、、

自分で住んでいるメリットだけでも1000万円近くになります。
(10万円×12か月×8年)

購入した金額は2000万円です。

土地値でも1500万円~2000万円はしますから、もう損はすることもないでしょう。マイホームを購入しても、投資としてのメリットが成り立っています。

これも、中古で土地値に近い物件を買っているからです。

 

私の中古アパート投資と基本は一緒ですね。

 

『賃貸派VSマイホーム派』という議論には、様々な価値観が絡み合うので難しいです。どこにメリットを感じるかというだけのことですから。

 

それが、私は『投資としての価値』になってしまったということです。
不動産投資に手を出したばかりに。

友人の普通の幸せを見て、そんな複雑な思いを感じたのでした(笑)

 

今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!