コラムをお読みくださっている読者の皆様、戦慄大家です。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

さて、戦慄大家にとって今年1本目のコラムなので、昨年1年間の不動産投資の振り返りと今年の目標をお伝え致します。

 

2017年の不動産投資を総括

 

まずは物件の仕込みとして2棟の取得達成ができました。一方で売却はゼロという結果になりました。

 

価格が上がっている中での取得なので高値掴みの可能性大(汗)ですが、取得できる時にしておかないと、いつまでたっても規模を増やせないとも言えます。

 

融資が厳しくなったと言われていた中で、御蔭様で、それなりに低金利で融資を受けることもできましたので、点数をつけるとすれば70点ぐらいでしょうか。

 

↑実際のところは、自分の都合のいいように解釈しているだけですが(笑)

 

ただ、人生、誰人もこの世に生を受けた瞬間から活動できる時間というものには限りがあるのですから、できるうちにしたいと思ったことをしておかないと絶対に死ぬ間際になって後悔してしまうのでは、との考え方を戦慄大家はしています。

 

リスクを取らなければ当然リターンも得られません。リスクを取らなければ安定は得られるかもしれませんが、そうなったら、無味乾燥的なつまらない人生になってしまい、そのような生き方は戦慄大家的には合っていないのだと思います。

 

仮にリスクを取って失敗しても、それは失敗と捉えるのでなく、良い学ぶ経験をした、と解釈するとその後の人生全く違ってくるのではないでしょうか。

 

その方が人生、バラエティーに富んでいて楽しかった、有意義だったと感じられる時がきっと来ると思います。

 

何だか、人生論みたいな話になってしまいましたが。

 

2018年の目標設定

 

また、今年になってからも、既に取得予定の物件が1棟は確定しております。

 

2018年の不動産投資における最低目標は、現時点での空室〇室と、もう1棟取得予定物件での〇室分の計〇〇室分を3月末日までに満室にすることです。

 

さらに、赤字物件(世間一般的には失敗物件ともいいますが)の損切りを断行し、ストレスを極力少なくするということも決めました。

 

ちなみにこちらの赤字物件についてもなかなか経験できない出来事を多々経験し、第2の戦慄物件と化しましたので、それら詳細についてはいずれかの機会にでもシリーズ化してお伝え出来たらと思います。

 

その他、不動産投資とは直接関係があまりないかもしれませんが、家族における結びつきを一層強めるためのスペシャルモーメント(特別な機会)を年に最低3回以上設けるという目標も新たに決めました。

 

読者の皆様におかれましても2018年が戌年だけに、ワンダフルな一年になりますように。