皆様こんにちは。戦慄大家です。

 

新たな年に入って既に半月以上経過してしまいましたがいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、本日も前回のコラムに続いて再起2号物件取得にまつわる出来事の話の続きです。

 

「想定賃料は○○万円っていいましたよね?

 

と、高圧的な言動をしてきた売主業者賃貸部のS氏。この瞬間に、50%以上の不安感を覚え、この業者、いや、S氏に対する信頼感を大きく損ねた ことは言うまでもありません。

 

そうは言っても、重要事項説明書にて管理委託の縛りを入れられていたため、頭を下げてでもお願いするしかないかな、とその頃はいつになく弱気な戦慄大家でした。

 

信頼感が決定的に崩れた瞬間

 

後日、入居の募集案内状況等を確認するため電話連絡すると、

 

S氏  「全然ダメですね~

 

とまるで他人事のような投げやり口調で返答され、改善策すら全く提案されませんでした。要は実際に入居付する気がない、とも言えます。

 

そればかりでなく、再起2号物件のマイソクに「ホームズ・マイナビ掲載禁止」と

記載があるではありませんか!!

 

読者の中にはこの記載の意味が分からない方もいらっしゃるかもしれませんので、念のため、説明致します。

 

この記載の意味は、自ら(この場合、売主業者のC社)の利益を優先するため、入居募集方法に制限をかけ、依頼者(この場合、戦慄大家)の利害に反する行為を行っていた、ということです。

 

その結果、再起2号物件の引渡決済日当日どうなったと思いますか?

 

そうです。なんと入居者ゼロでの引渡!!となってしまったのです。しかも、ほぼ年末に近い日にですよ!!

 

さらに、驚くことなかれ、重要説明事項の特約にて、賃貸・建物管理は売主業者での紐付がされていたにもかかわらず、建物賃貸借媒介・管理委託契約すら締結されないまま、売主業者自らその遂行義務をほったらかしにしたのです

 

明らかに、入居募集に向けて、積極的に努力する義務を怠り、忠実義務に違反した、と言わざるを得ません。

 

その結果、この物件の今月の収支状況はというと、入金ゼロ、借入返済○○万円、保険料○○万円、その他の工事代○○万円と出金のみの大幅赤字が確定してしまいました。

 

でも、絶対この状況を乗り越えて復活して見せますよ!!

 

新たな管理会社とフレッシュスタート

 

上記のような杜撰かつひどい対応を売主業者の一部の人間によってされてしまった以上、当然ですが、再起2号物件の管理委託契約は他社さんで締結するに至りました。

 

ある意味、1室も入居が決まっていなかったことはゼロから新たなパートナー(管理会社さん)とスタートできる、と前向きにとらえて年明け早々、行動しまくりました。

 

このあたりは、決断したら行動は早い戦慄大家です。

 

しかし、苦境に立たされていることは間違いないので、この1,2か月が勝負どころととらえて行動していきます!

 

良い結果とそのドラマを読者の皆様にご報告できることを祈りつつ・・・