お元気ですか、お宝トミーです。

今回のコラムは、自己啓発・投資本が溢れているのはなぜか?

という内容でお送りいたします。

昨日母親に頼まれた本を買いに大型書店に行きました。今の時代買う本のタイトルが分かっていたらわざわざ書店まで足を運ばなくてもいいのですが、本屋に行くこと自体偶然面白そうな本に遭遇するので楽しいです。

最近の自分の本の買い方で多いのは、アマゾン等のネット通販でレビューのいい本を厳選して購入しています。

ただ、昔に比べて本の大人買いもしなくなりました。

それは、部屋中埋め尽くされていた本の断捨離もしているためです。

特に不動産投資本は片っ端から読みましたので、まだ家にたくさんありますけど

それでも、数年経って当時の手法も情報も古くなってきた本は手元に置いていても読み返すこともなくなったので思い切って古本屋で処分するか、大家仲間で読みたい人がいれば差し上げています。

でも、ついまた同じような本を買ってしまって・・・。

そんなことはよくある話ですね。

今日も最後までコラムにお付き合いいただけたら幸いです。

 

昨日訪れた大型書店のベストセラー本

これは自己啓発本でした。中身をパラパラめくってみましたが、数年間に読んだ本の内容と同じようなものでした。

要は、なぜ現状に不満であれば行動を起こさないのか?

このままサラリーマンを続けていて幸せなのか?

その仕事は、お金をもらわなくてもしたい仕事か?

そうです、自分もでしたが、

今どうしていいかわからない人たちの指南書なのです。

ただ、自分もでしたがどうしていいか分からない人が本を読んでもすぐ行動を起こすようには思えません。

なので、すぐ行動を起こすように促す自己啓発本もあるのですが(笑)。

一時流行った林先生の言葉ではないですが、

いつやるか?今でしょ!

この言葉、大半の人がドハマりなのかもしれませんが、林先生の講義も聞いていいない人には単なる流行語になって終わりでした。

人間は、大体は意志が弱くすぐ元通りになってしまいます。

不動産投資にしても、やろうと思っても大半の人は挫折していると思います。

自分なんかは、どうしようもなく追い込まれていたので、背水の陣でなんとか物件を購入できましたが、もし居心地の良い楽しい会社にいて給料もそこそこ満足なら不動産投資をやっていたか?とっても疑問です(笑)。

 

自己啓発・投資本がちまたに溢れているのはなぜか?

それは、いつの世もまったく同じで現状に不満がある人の助け舟のような感じなのでしょう。

ただ、繰り返しますが、

どうしていいか分からない人が本を読んでもすぐ行動を起こすようには思えません

大型書店、通販にはその手の本が毎週のように発刊されます。

ためになった!明日から頑張ろう!おもしろかった!感動した!

本からのモチベーションは大切です。否定はしません。

しかし、やはり実際やろうとしたことを進めたほうが100倍いいです。

自分は、不動産投資本もほとんど読まずに不動産投資を始めました。

その後、売契を結んでから一気に読み始めました。

結局、今となってはある意味それがよかったのかもしれません(勢いという意味では)。

本を読みすぎたら、怖くてできなかったかも(笑)。

そして、一番大切なこと

やろうとしていることは、好きなことなのか(好きになれそう)

続けられそうなのか?

結局、お金だけを追い求めても中身の充実がなく苦しい作業だけならば、結局は途中で辞めてしまうと思います。

サラリーマンでいえば、給料だけよくなると思い、まったく興味のない仕事をする会社に転職することと同じ

これは、苦痛この上ないです。

ちまたに溢れる自己啓発・投資本の新刊が自分も含めて現状打破のヒントになることを願います。

今日のコラムが少しでもみなさまの参考になったのなら幸いです。

それでは、今日はこの辺で