お元気ですか、お宝トミーです。

今回のコラムは、金融庁も調査に乗り出した仮想通貨の未来

というタイトルでお送りいたします。

先日仮想通貨の記事を投稿させていただきました。

ビットコイン急落!最高値の半額以下に 2018.1.19投稿

その中でも触れていますが、大家に他の投資も必要か否か?

そんな疑問がふつふつ沸く中、このまま食わず嫌いではいけないと思い仮想通貨の勉強も始めました。

と言いますか、実は昨年も一応調べてはいたもののどうしても即購入し投資をしようと思いませんでした。

なぜかと言いますと、チャート系のハラハラドキドキはもう株でたくさん

そんな思いもあったからにほかありません(笑)。

ただ、昨今のこのブーム否応なしに買ってみようか?そんなお祭り騒ぎのトレンドなのでちょっとだけ便乗してみたくなりました。

そして、その仮想通貨取引所をどこにするか?

そこで止まっていました(なんてスピード感のない腰の重い自分なんだ)。

そこに昨晩入った衝撃のニュースとは?

今日も最後までコラムにお付き合いいただけたら幸いです。

 

自分も億り人?取らぬ狸のなんとやら(笑)

ちなみに昨年気づいて調べていたところで、即購入していたらたぶん含み益で億り人になっていたのかもしれません。

それが、先日話題にしたビットコイン急落のニュース

才能がないのは自覚しているので、やはり株と同じで売り時を見誤り残念な結果になっていたことでしょう。

そんな自分ですが、今回やっと鉛のような重い腰を上げ最近CMでもバンバン流れていて仮想通貨取扱高No.1の取引所が総合的に良いのでは?

そう思って調べていました。

さらにネットで見ると比較ランキングがほぼ1位の評判の良い取引所だったのでまずは口座開設をしてどんなものかやってみようと思っていた矢先に

タイムリーな?昨晩のこのニュース

流出被害か?「A取引所」が出金停止、日本円含む取り扱い通貨すべて

これは、昨日投稿させていただいたシェアハウスの運営会社と同じような感じではないでしょうか?

たとえ投資内容が違うとはいえ、シェアハウスはサブリースのお金が振り込まれない

かたや、お金を出金できない

これは、相当恐ろしいお話です。

 

毎日、毎日投資系の負のニュースが後を絶ちません

そんな印象を受ける昨今、いくら投資が自己責任とはいえ、これからやろうとしている人の出鼻をくじくような負のニュースばかり目立ってきました。

投資に絶対はありません

必ずリスクがあります。私たちは、その恐怖と壁を乗り越えて進んでいかなければなりませんが、こんなにも矢継ぎ早に負のニュースが連発して出てくると少し投資熱も冷めてきますね。

これが、世間一般の考え方

でも、今が絶好の買い場とみるべきなのかもしれません。

 

金融庁も調査に乗り出した仮想通貨の未来

事の真相は、26日の深夜に行われたA取引所の経営陣の会見で明らかになりました。顧客の仮想通貨「NEM(ネム)」約580億分がハッキングにより流失したそうです。

この犯罪により金融庁だけではなく警視庁も動くのでしょうが、仮想通貨の未来が、以前の取引所破綻時と同じように、また一歩暗いものになりそうです。

ただ前出しましたが、これがチャンスとみる投資家もいるのも事実

さて、読者の皆様はどう出ますか?

 

今日のコラムが少しでもみなさまの参考になったのなら幸いです。

それでは、今日はこの辺で