本日は、融資状況についてです。

私の住んでいる地方(北陸)のほうも今まで比較的積極的だった地銀さんも融資条件が厳しくなってきました。

2017年の秋ごろから風向きが変わりました

昨年の夏ごろまでは、特に変わった感じも持っていなかったのですが、秋ごろから厳しくなってきたようです。

お世話になっている地元の不動産屋さんから秋から冬にかけて3件ほど物件の紹介をいただいたのですが、話を聞くと、私への紹介は3件とも2番目または3番目、私より前に紹介した人は、全て融資が通らなかったそうです。

ちなみに、紹介してもらった物件は、検討したのですが、私のターゲットより、規模が大きいのと利回りが低かったので全て見送りとしました。(私のターゲットは5千万以下、利回り重視、紹介物件はいずれも5千万超、利回りは今一ですが路線価の高い、資産性重視の物件でした)

別の業者さんからもローンアウトの連絡が

2018年に入って、別の業者さん(こちらは東京本社)から、前に紹介した物件がローンアウトしてリリースになった。値下げしたのでどうか?と連絡をもらいました。

ネットに公開されている物件も少し下がり気味

私が注視しているエリアの物件、5千万ぐらいのものは、長期棚ざらし状態で少しづつ値下げが始まりました。(こちらは買えないのか買わないのか・・・わかりません)

銀行さんにも聞いてみました

融資してもらっている地銀の担当さんに聞いてみたところ

・今までより頭金を多めにいれてもらうようにしている、今まで2割の人は2割五分、3割の人は3割五分

・収益重視で、近辺に相場家賃で7割の入居で返済ができるか、サラリーマンの場合年収がよければ、入居6割でも融資だったが、最近の審査部の査定は7割では通らなくなってきている7割5分?

・マイナス金利はつづきそうだが、4月から再度引き締めはいるかもしれない

と言っていました。

もう少し規模拡大しようと思っているので

私の場合は、新規で融資お願いすると、今までと比べると「金利は同じだけど、頭金多め」になりそうです。もう少し規模拡大のうえ、資産入れ替えをしようとしている私としては、いい物件出たら買いたいのですが、いつ出るかわかりませんから。

手持ちキャッシュを増やしておいたほうがよさそうだけど、いい物件がないなら繰り上げ返済したい・・・、悩みどころです。

皆さんはいかがでしょうか?

本日はここまでです!