日曜大家です。
いつもコラムを読んでいただきありがとうございます。
寒い日が続きますね。
 
11月に購入した物件はリフォームも完了し、すぐに申し込みが入りました。
嬉しいことばかり、続くわけでもありません。
この寒さによって、トラブルが発生しました!!
 
不動産投資を行っていると、いろいろなことが起こります!!
 
 
 
 
入居を待つばかりの中、給湯器の水漏れ発生!!
入居日の4日前に発覚した状況で、どのように行動して対応したのか。
 
 
■入居前の最終確認
賃貸借契約も完了し、入居日も決まった状況で物件の最終確認をしたところ、大きな問題が発生。
給湯器から水漏れが発生。
給湯器の配管は凍って、まるで凍結した滝のようになっていました!!
 
 
入居日まであと4日!!
どのように対処するべきか、その場で検討しました。
 
 
■対処方法の検討及び行動
まずは、現状把握。
1.給湯器から、大量の水漏れ発生している。
2.外観上ではその他、水道管などからの破裂は見られない。
3.先日、ガスの点検をしてもらってから一度もガスは使用していない。
すぐに行動した点は下記通り。
1.水の元栓を閉める
2.この物件のガス会社に連絡して早急に点検を依頼
この寒さで給湯器のトラブル多発中で、ガス会社も大忙し。
何とか交渉して、その日に来てもらえることになりました。
 
 
■給湯器を点検して分かったこと
給湯器内部の配管の凍結による膨張により樹脂系の部材の損傷または変形から水漏れ発生。
基盤も水漏れにより使えない可能性が高いことが判明。
先日、ガスの点検を行ってもらった際に水抜きをしなかったことが原因のひとつである。
この理由から、ガス会社の負担で修理出来ないか交渉するも決裂。
当面使用しないので、水抜きをしてほしいと依頼しない限り行わないと言われてしまう。
私もブレーカーを落していたこと、私の方で水抜きをするべきだったと反省もあり、ここは諦めてすぐに次の行動へ
 
修理は可能ですかとの問い合わせには・・・
『修理するにも部品調達する時間が必要』
『完全に修理出来る保証もない』とのコメント。
 
時間的制約の中で、最善の方法は交換するしかないと判断して、交換前提で工事日程を確認しました。
 
すると、驚きの答えが・・・・
 
『給湯器交換するにしても、すでに工事が埋まっており最低でも7日ぐらいは必要』だと言われる。
それでは、入居日までに間に合わないことが判明
さて、どうするべきか?
 
 
■入居日までに間に合わせるために、どう行動したか。
点検を依頼したガス会社では対応不可能なので、諦めることにしました。
次に考えた行動とは
別の物件でお世話になっているガス会社の担当者に相談しました。
 
 
すぐに返事が来て、その言葉がこうでした!!
 
 
 
 
『あなたのためなら、何とか調整して間に合うように工事します』とスーパーマンのような心強いお言葉を頂きました。
 
 
 
給湯器も相場より格安で提供して頂き、工事も無事に完了しました。
工事完了後すぐに、写真付きで連絡が入りました!!
これで、安心して入居者様を迎え入れ出来ます。
 
やはり、持つべきは信頼できる業者さんだと改めて感じました!!
 
不動産賃貸経営は一人ではなかなかできません。
いろいろな方との連携によって成り立ちます。
信頼できる業者さんとの関係構築を図りながら、賃貸経営をするべきです。
 
 
■まとめ
1.入居前の物件確認作業の大切さを再認識。
 
2.信頼できる業者さんとの関係構築の大切さを実感。
 
3.賃貸しているといろいろなことが発生する。
  そこが面白くもあり、大変でもある!!
  でも、楽しい
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!!
ではまた、コラムで会いましょう。