みな様、根本伸之のコラムをお読みいただき誠にありがとうございます。

 先日フィリピンの不動産を視察してまいりました。

 大変面白いお話を聞けたので、本コラムにて皆さんに共有します。

 フィリピンという国の国内総生産(GDP)は日本で言えば福岡程度です。

 人口が1億人を超えているにもかかわらずです。まだまだ発展途上です。

 高級な街とスラム街が同居

 街は、新宿のような大都会と貧しい人の住む街が隣り合わせになっているようなイメージです。大都会の部分はあまり日本と比べて大きな差はありません。

 不動産も日本よりは安いですが、表面利回りは決して高くはありません。

 少し高級な不動産になると、不動産のオーナーの多くは日本人などの外国人です。

 融資の金利が非常に高いので、フィリピンの金融機関からお金を借りて不動産を購入したらほとんどキャッシュフローは出ないでしょう。

 富裕層が現金で購入しなければ、インカムゲインは見込めません。

 しかし、インフレ率が高いので、購入している人の多くは、物件の値上がりによるキャピタルゲインを期待している人がほとんどだと思います。また、家賃も上昇しているので、購入時の利回りは低くても、年々利回りが向上してくるようなことが普通に起こっています。日本人の不動産投資家には、想像できない話です。

 さて、日本では過激な行動や発言がニュースになるフィリピンの現大統領ですが、フィリピン人からの支持率は非常に高いそうです。

 フィリピン国内では、この高い支持率をもって政情が安定していると認識されています。この正常安定が、フィリピンの経済発展に役立っているようです。

 不動産で残念なところは、壁紙などの細かいところが日本と比べると品質が悪いところです。日本の職人さんなら、やり直しになりそうな出来上がり具合でも、かれらは「仕事がおわった」という認識なのでしょうね。

 あまり細かいことを気にしないというフィリピンの人たちの性格が物件にも出ているように感じます。

 日本の不動産が高くなったこともあり、アジアを中心に海外不動産を検討している方も多いかと思います。

 フィリピンでは、実質日本人が経営している日本人オーナー向けの不動産会社、管理会社や保険会社なども少ないようですが、いくつかあるようです。
 彼らの、つてをたどっていけばよい条件の物件に巡り合うことも可能でしょう。

 でも、投資するなら最低3から4回程度は現地に訪問して、その国の雰囲気を肌で感じることが重要であると思います。

 信頼できる、2名の現地日本人を頼って訪問をしてきたのですが、彼らの話では「フィリピンで日本人を騙すのは、フィリピン人ではなく、日本人のほうが多いだろう」とのことでした。東南アジアの不動産投資で成功するには信頼できるパートナーが絶対必要ですね。

 最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

 根本 伸之