楽待をご覧の皆様こんにちは^^

今回よりコラムを書くことになりました下山 綾 しもやま りょう

と申します。

5年前から34歳にて不動産投資を始め、購入棟数は10棟、うち2棟売却ずみで、現在は8棟78室を運営しております。

中古木造・新築木造・中古RC・新築RCと一棟ものを買い進めてきました。

 

自分のコラムでは

所有物件ごとの購入のきっかけや、経緯をご紹介していきたいと思っております。

 

これから物件を取得されたい方にとって参考になれば幸いです。

 

では早速1棟目の購入経緯からお話しします。

 

 

自宅から徒歩6分の中古アパート

一番初めに買った物件は築8年の木造2階建、8世帯のアパートでした。

この物件との出会いが今の自分をつくってくれています。

 

購入のきっかけはポータルサイトに普通に掲載されていたこの物件を見つけ、

掲載の業者さんへ電話したことから始まります。

初めての物件でしたので、なんとなく自宅から近い物件の方が安心感がありました。

今思うと自宅から近い必要はありませんでした。

 

任意売却物件でした

 

電話がつながると、「こちらの物件、実はオーナー様が亡くなって、相続を身内の方が放棄したため、売主が弁護士です」と言われました。

それを聞いて、当時なんとなくの知識しかなかった自分でも、あれ?これは安く買えるパターンでは!?と思ったのです。

そして

仲介の方といくらまでなら大丈夫かと打ち合わせをしながら、大幅な指値をして買付申込をいれました。

 

 

結果、利回り15%ほどにて購入することができました。(当時の市況でも築10年未満でこの利回りはあまりなかったです)

 

ちなみに自己資金は2割ほど入れ、融資はこの物件に融資していた銀行へお願いしました。(一度融資が出ている銀行は評価済みのため審査が早いですね)

 

次回は2棟目の購入についてお話ししたいと思います。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました(^^)