いつもコラムをお読み頂きありがとうございます!

 

私は今までたくさんの投資家さんにお会いをしてきました

最近はコンサルで投資初心者の方と接する事も多いのですが

 

物件を買えている人、買えていない人で

決定的な違いを2つ見つけました。

 

それは

行動力と決断力

 

物件を買えている人は必ず行動をしています

これは投資初期だからとかでは無くて

ある程度成功してからもそうです

 

その人の行動パターンなんだと思います

知り合いの不動産業者の社長さんの格言でこのような物があります

「明日野郎はバカ野郎」

思い立ったらすぐ行動しなければダメなんですよね

 

成功していると人の行動は早いです

「それ面白そうだな」と思ったらすぐに行動しています

考えてから行動するでは無くて

考えながら行動しているんですよね

 

不動産投資でも一緒です

机上の空論で家で色々考えていても意味がありません

 

セミナーや本をしこたま読んでも

実際に物件を見に行かなければ始まらないんですよね

 

実際に物件に足を運んで

物件を目で見てそのエリアの情報に詳しい地場業者さんの話を

聞く方がよっぽど勉強になると思いませんか?

 

私はコンサル生に必ずいう事は

「そこまで良い物件が無くても必ず毎週内見してください」

 

多くの投資家さんがネットで物件検索するのですが

目ぼしい物件が無ければ内見に行く事すらしません。

 

でも私的には現地に行かなければその物件の良し悪しなんて

分からないと思うんですよね

 

何故ならもしかしたらその物件は売り急いでいて

売価よりも大幅に指値が可能かもしれません

 

そんなにいい物件で無くても価格次第では

お宝物件に化けるなんて良くある話です

 

またその物件があんまりだったとしても

現地に内見に行くと業者さんが

他の物件を紹介してくれる可能性もあります

 

そっちの方が良い物件だったなんて事も結構あります

そのようなパターンで紹介してくれる物件は

入りたての未公開物件の可能性が高いですからね

 

後は決断力ですね

これもとても大事です

物件を買える大家さんの決断力は速いです

物件の内見をして返事は翌日なんてのは遅すぎます

 

私が投資初心者の頃

物件の内見をして、とてもいい物件だったのですが

指値をするかどうかで悩んでしまったんですね

 

そして

じっくり考えて翌日に買い付けを入れたのですが

私は3番手になってしまいました。

当然その物件は買えなかったんですね

 

なので

内見して次の日買い付けなんて遅すぎです

基本内見したらその日

というより内見したら数時間後にはFAXで買い付け入れます

 

なので事前に全て徹底的に調べておきます

グーグルマップで周辺状況は勿論、地盤に心配があれば地盤もネットで調べる事が出来ます(地盤サポートマップで検索してください)

地価マップで土地値も調べます

そして地場業者ヒアリングも内見前に行っておきます

 

なので私の場合は基本数時間後、早ければその場で買い付けを入れます

大抵印鑑は持ち歩いていないので帰宅後FAXで送信

 

ただ当初初期は迅速な判断というのは難しいですから

セミナーや大家の会で投資家の先輩を見つけて意見を聞いて購入の後押しをしてもらうと良いかもしれませんね

ただその時も当然ながら事前に徹底的にリサーチしておく必要があります

事前に本人がしっかり調べて無ければアドバイスのしようもありませんしね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)