皆さん、こんにちは!小林尚美です。
 
今年の冬は東京でもまとまった雪が降りましたね。
ウィンタースポーツが楽しい季節、私はつい先日も雪山でリフレッシュしてまいりました!
しかし大家としては、この冬は何かと心配事が増えることに!?
 
 
寒冷地の物件は所有していませんが、関東でも雪や凍結に備えて対策しておくべきかもしれませんね。
 
 
 さて今日のテーマは「これで満室!短期賃貸が面白い!!」
 
わたくし、昨年の法人化を機に、お部屋の賃貸について従来の2年契約に加えて、マンスリーからの短期賃貸を始めました。
 
シェアハウスではなくアパートです。もともと3ヶ月~1年の需要のあるエリアで、2年契約の途中解約の形で対応していたのです。
 
しかしこれは本来の顧客のニーズに合っていないのでは?と気付き、仲介業者さんがほとんど扱わない1ヶ月~3ヶ月の期間で、直接募集してみました。
 
これが思った以上に好評で、おかげ様で空室はあっという間に埋まり、うちの家具家電付きアパートは、満室をキープするなかなかの人気物件となったわけです!
 

短期賃貸は面倒?気が進まないですか?

短期と言っても入居時の手続きはほぼ変わらず、手間が増え、入居者の審査をしにくいというリスクもあります。
 
もともと直接募集や自主管理している大家さんであれば、その辺りを熟知して上手に対応されるかと思いますが、一般的にはあまり気が進まない方法かもしれません。
 
そのため、すでに安定経営している物件では、短期賃貸をあえてオススメするつもりはありません。
 
もし空室にお悩みで、ある程度時間や手間をかけても満室にしたい!という熱い気持ちをお持ちであれば、やってみる価値ありではないかと思います!
 

優良入居者さんを獲得するために!

まず大切なことは、短期でも長期でも、優良な方に入居していただくということだと思います。
 
マンスリーなどでは、短期すぎて保証人や保証会社への加入が難しいという問題があります。
 
そのため、身元確認のための証明や、しっかりした保証人・緊急連絡先など、短期と言えど何種類もの情報をご提出いただくことにしています。
 
しかし、何をもって優良と言うのでしょうか?その判断は難しく、未だに悩んでしまうことも多いです。
 
長期も短期も共通することですが、属性のよい方も、滞納したり近隣へのマナーに問題のある方もいます。逆に敬遠されがちな属性の方が、すこぶる常識的だったりすることも・・。
 

必ず面談する!ヒアリングは重要!

 
そこでリスクを軽減するために、私は短期であっても入居希望の方には、必ず内見と面談をお願いすることにしています。
 
中にはホテルを予約するように、電話やメールで入居を決めようとされる方もいらっしゃいますが、賃貸とホテルは違います!利用目的が明確な方に入居いただくべきです。
 
他の入居者に迷惑をかけたり、雰囲気が悪くなるようなことは絶対に避けなければなりませんし、万が一犯罪に利用されることでもあったら大変です。
 
お会いして、その方のお仕事の状況や使用目的をヒアリングし、問題ないと判断した場合に契約させていただくことにしています。
 
ただしサービス業ですので、敷居を高くすればよいということではありません。
スピード感と、失礼のない対応が大切です。
 
あまり審査に時間をかけていると、短期間なのにそんなに面倒なら、もう結構です!と断われる可能性も!?

契約は十分な説明でトラブル回避!

短期の直接契約については、ここで全部書ききれないほどですが、簡単に言うとお家賃はマンスリーのパッケージを設定、最長3か月までの定期借家契約としています。
 
ちなみにマンスリーで家賃滞納はこれまでに一件もありません
 
継続をご希望の方とは再契約可能ですが、もし未払金があれば、次回の再契約はできないことをお伝えしています。
 
また、契約終了したお部屋は、お申し出がない限り利用できなくなることを明確にお伝えします。電気、ガス、水道は大家が契約しています。
 
契約時にしっかりと説明しなければなりませんので、短期であっても面談することは絶対必要だと思っています。
 

気に入っていただければ長期になることも!

お家賃は諸々の費用込みのパッケージにすると、通常より少々高めの設定となります。
 
ですがマンスリー専門の業者さんに比べると、うちはかなり良心的なお家賃ですので、お得に感じていただいているようです。
 
短期賃貸の成功はエリアに依存する部分も大きいですが、どこのエリアでも一定数は需要があるものと思われます。
 
たとえば、入居希望者の中には、現在の賃貸契約の更新日が迫っていて、更新しない予定なのに忙しくて次のお部屋が決まってない!という方も意外に多いのです。
 
大手に比べて良心的で、小規模だけど融通が効くところは強みだと思います。
 
気に入っていただければ、そのまま長期の契約への切り替えをご希望いただくことも度々あります。
 
入り口は短期でも、実際のところ1ヶ月だけの方は少なく、ある意味、入居者さんにとってお試し期間となっているようです。
 
また、大家側としても良い方に長く住んでいただければ助かりますし、空室対策になることは間違いないと思います。
 
 
皆様の参考にしていただければ幸いです。
 
それでは次回までお元気で!