いつもコラムをお読み頂きありがとうございます!

 

今回は今年の1月に320万で購入した物件に関してお話ししたいと思います

先日リフォームが終わりリフォームにかかった費用は30万のみ

賃料は6.5万が見込めそうなので

実質で20%以上になります

 

ではこの物件どのように入手したかというと

普通にネットに売りに出ていました

それこそアット〇ームというかなりメジャーなポータルサイトに載っていた物件だったんですね

 

私はその物件がネットに現れて1日後くらいに内見のアポを取りました

でもその際に競合はゼロ!

私が内見する前にも後にも内見の予約は入っていなかったんですね

 

これ程の物件なのになぜ競合がゼロだったのでしょうか?

それは残置物がモリモリだったからなんですね

 

 

このような残置物モリモリの状態だと

一般のお客さんはほとんど購入する事はありません。

しかし残置物撤去費用はそこまでかからないんですよね

私の場合は今回も9万程度でした

自分でクリーンセンター(ごみ処理場)持っていったりすればもっと安いですよ

なので逆に言えばこのような物件こそ狙い目なんですよね

 

戸建投資家が最近増加傾向ではありますが

それでも実需(一般のマイホームとして住む人)の売買が主です

このような物件の場合実需の方は絶対に購入する事はありません。

 

なので競争が少なくなります

競争が少なければ指値は通りやすくなります。

 

想像してもらえばわかると思いますが

人気物件は競争が激しくなります

それこそ1日に何件も内見のアポが入るんですよね

 

そのような状況の場合は

売主さんはかなり強気ですので

指値の買い付けはほとんど通る事はありません

むしろ買上がりすら検討する必要があります

 

一方残置物モリモリ見たいな物件の場合は

早く売りたい気持ちはありますが

内見が殺到するような事はありません

なので価格交渉が可能なんですよね

 

ただ今回の場合は売りに出て間もないという事だったので

そこまで大きな指値をする事は出来ませんでした

 

実際には350万にたいして300万で指値を入れたのですが

若干押し戻されて320万で着地しています

 

因みにリフォーム後の写真はこの通りです

かなり良いコンディションですよね

 

置物でちゃっかりサーファーアピール

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)