いつもコラムをお読み頂きありがとうございます!

 

昨日の事なのですが

いつものように今年に入って購入した2物件の後付け融資をお願いするため

公庫に融資の申込書をFAXで送りました。

 

そして

公庫から連絡がきたのですが

いつもの担当の人ではありません

FAXもその担当の方宛に送ったのですが

何故か違う人が連絡をしてきたんですね

 

今日は担当の方がお休みなのかな?

と思いつつ話していると

私は「今回も前回同様な形で融資をお願い致します」

そうお伝えしました

 

前回も物件を現金で決済して

その後公庫から融資を受けていたので

そのスキームで今回もお願いしたいと

そのようにお伝えしたんですね

 

因みにその際の融資条件は

金利1.1%期間は10年で融資をしてもらっています

 

しかしその新たな担当の人はこのように言います

「購入後は設備への融資となるので融資期間は10年も出せません」

 

「何ー!」

心の中で思いました

 

私はもう一度

「しかし前回もそのような形で融資をしてもらっているので

今回も同じ条件で融資をお願いしたい」

そう言ったのですが

頑として受け付けないんですね

 

流石に話が通じないので

私「いつもの担当の○○さんはいらっしゃらないのですか?」

新たな担当「いや、います」

私「FAXを○○さん宛で送ってるのですが、なぜ違う方が対応されるのですか?」

新たな担当「いつも同じ人間が担当するわけでは無いので・・・」

私「○○さんに代わってください」

 

そして前回担当の○○さんに電話を代わってもらいました

私「今回も前回同様の融資をお願いしているのですが、新しい担当の方に話が全く通じません。○○さんが今回も担当してもらえませんか?」

○○さん「実は私担当を外されてしまいまして、今回の融資を対応する事が出来ないんです」

私「では○○さんから新しい担当に話してもらえませんか?新しい担当の方には話が全く通じないので」

○○さん「わかりました。伝えておきます」

 

そして再び新しい担当に電話が変わりましたが

その後融資条件の話はせず

とりあえず必要書類を提出し、その書類を精査後に

面談に移ると言われました

 

私は公庫から融資を受け始めて6年くらいになります

今まで何度も公庫から融資をしてもらっていますが

今回のような対応は初めてでした

 

今までは基本的に融資の連絡を入れたら

そのまま面談の日程を決めて

その際に必要書類を提出する流れだったのですが

今回は全て書類を提出後精査し面談の日程を決めると

しかも必要書類もいつもより多く提出を求められました。

 

しかしこちらもお金を借りる側ですから

強くも出れませんよね

 

最終的に融資が出るか出ないか

出るとしたらどのような条件なのかも

全く予測不可能になってしまいました

 

また進展があればこちらのコラムでお伝えしたいと思います

 

とりあえず今回は

担当の人が変わると同じ公庫の支店でも

全然違うという事を痛感しました。

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)