「コメント機能」

実践大家コラムに「コメント機能」が採用されましたが、みなさんはいかがお感じですか?

私個人の感想としては「怖い」です。

これまで一方的に垂れ流していたコラムニストの日常に対して、読者のみなさんからの率直な意見をぶつけることができるコメント機能は

今の私にとってはとても怖い機能です。

今回はこのコメント機能をどう捉えれば私自身がこの機能を好きになって、どうすればよりよい活用ができるのか考えながら綴ってみたいと思います。

結論

・コラムは一読者に対して書かれている訳ではない
・ほとんどのコラムの対象はニッチなものである
・面白くないと感じる理由はコラムニスト側だけでなく読み手側にもきっとあるはず
・その橋渡しをしてくれるのがコメント機能なのではないか

恐怖心の理由

まず今の私が怖いと感じる理由ですが、コメント機能実装当初から読者のみなさんの辛辣なコメントがちらほら散見されるからです。

コラムニストも時間を割いて記事を書いている訳ですが、読者のみなさんも時間を割いて読んでいる訳です。
当然、価値のないコラムを読んで無駄な時間を奪われたら良い気分ではないと思います。

ただ私は思うのです。価値のないコラムって果たして存在しているのだろうか、と。

コラムを小説に置き換えて考えてみる

例えで読書の話をしてみます。

私が読んで「つまらない」「おもしろくない」と思った本も、出版されている以上、少なくとも編集者、編集部は面白い、世に出す価値のある内容だと思っているから出版したはずです。

しかし、私は面白くないと思った。それはどうしてか。これは無名作家の作品でも、名のある賞をとった作品でも起こりえることです。

一体なぜなのか。

おそらくその理由としては、私に面白さを理解する知識(ベース)がなかった、感受性がなかった、価値観が違った、そもそもターゲットではなかった、などが考えられると思います。

面白くないと思った理由について

・面白さを理解する知識(ベース)がなかった⇒私は日本史の知識がほぼゼロなので歴史物の小説は読んでも苦痛なだけです。
・感受性がなかった⇒不感症。
・価値観が違った⇒犬派に猫の素晴らしさを説いても受け入れられないかも知れません。逆もしかり。
・そもそもターゲットではなかった⇒10代の恋愛未経験者が55歳と38歳の不倫純愛小説を読んでも共感できないかも知れません。

私が思うことは、全ての人を満足させる小説など存在しないということです。いわんや実践大家コラムをや。

小説のバラエティが豊かなのは読者のバラエティが豊かだから?

大家には様々な種類の人たちがいます。

初心者、中堅、ベテラン、大ベテラン。

おそらく規模も数百万から数億、数十億と様々だと思います。

投資スタイルも戸建だったり区分だったり一棟物だったり、新築だったり築浅だったり築古だったり、首都圏だったり地方だったり、
本当に様々です。

様々な大家がそれぞれの日々を綴っているのです。

ある一読者と同じポジションのコラムニストはいない、もしくはいてもせいぜいひとりふたりでしょう。

好感の持てるコラムとは?

自分と似た境遇のコラムニストのコラムには良い印象を受けやすいかも知れません。

自分が目指す境遇のコラムニストのコラムは学ぶことが多いかも知れません。

自分の知らない知識を教示してくれたコラムには素晴らしさを感じるかも知れません。

しかし自分の知ってる知識のコラムだったり、自分とは違う境遇のコラムニストの場合、そのコラムニストのポジションが理解できなければ、コラムを綴った気持ちを察することができなければ、中身から受ける印象も薄っぺらなものになるのではないでしょうか。

コメント機能が果たすことのできる役割とは

これまで一方通行だった実践大家コラムが双方向通行となることで、このコメント機能を有効利用することで、コラムニストと読者との距離を縮めることができるのではないかと考えます。

コメントは建設的なものを

好意的なコメントをするにしても批判的なコメントをするにしても、コメントが一方通行であっては発展が望めないと思います。

コラムを読んでどう感じたのか、面白かったのか、面白くなかったのか。

面白かったとしたらどういう点が面白かったのか。欲を言えば、さらに面白くするためにはどうあればよかったのか。
もしくは次回のコラムではどういう視点からコラムを書いて発展させてもらいたいか、などなど。

批判であっても建設的に

面白くなかったとしたら、自分とコラムニストの立場に違いがないか。
立場の違いから面白く感じなかったという要因はないか。
その上で、自分のポジションをある程度明らかにし、どこが面白くないと感じたのか。
ではどうすれば面白いと感じる可能性があったのか、そういうコメントはきっと実践大家コラム全体の質を高めると思います。

私がコラムを書く理由

ほぼ忘備録です。

もっともっとコラムを投稿したいという気持ちはあるのですが、
全ての物件をサブリースで運営しているため不動産投資に関しては日々の動きがほぼなく安定しておりネタがありません。
ふと頭によぎるアイデアも、推敲してみると陳腐なものに思えてきたり、
また基本的なことはどの本にでも書いてあるようで気が引けてしまって、結局筆不精になっています。
このことは申し訳なく思っています。