こんにちは、サラリーマン大家のTAKAです。

本日は、2日前のコラムでコメントのあったシェアハウスとA銀行についての個人的な見解をコラムに書いていきたいと思います。

今回の件は、いろいろな見方ができるので、数回に分けて視点を変えつつ書いていきたいと思います。

あくまで個人的な見解であり、多くは推測の域をでないものである点はご了承ください。

1.A銀行はシェアハウスのスキームにお金をだしていたのか

今回の件では、少なくとも建前上は、A銀行はシェアハウスのスキームにお金を出してはいたわけではなく、あくまで個々の個人に対するアパートローンという認識で融資を行っていたのではないかと考えています。

ここで建前上としたのは、少なくとも融資を行っていた支店レベルでは、通常のアパートローンとは性質の異なったスキームの融資という点を早い段階で認識していたのではないかと考えているためです。

2.アパートローン

アパートローンという融資形態の特徴としては、融資対象物件の評価を一応は見るものの、あくまで個人の属性を審査し、融資可否を判断するという点にあります。

どういうことかというと、一定の属性(端的にいえば、年収と借入残高)を満たした場合には原則として融資を行うという判断がくだされるということです。

このため、事業性をきちんと評価し、時間のかかるプロパー融資とは異なり、迅速な審査を行うことができます。

この迅速な審査では、やはり通常の審査を行うよりも、破綻する者の割合(破綻のリスク)が大きいため、その対価として、銀行が高い金利を設定することとなります。

おそらく今回も形式的に行内で設定されているアパートローンの基準で審査を行うことにより、あくまで個人へのアパートローンによる融資ということで、シェアハウスの運営会社の信用力は見ていなかったのではないかと思っています(少なくとも当初は・・・。)

3.支店

どうやら今回の件では、特定の支店が融資の窓口となっていたようであり、報道などでみるかなりの額を融資していたようです。

おそらくこの支店は、行内でも優秀な支店として表彰されたり、もしかすると好事例として行内の他店へ事例が紹介されていたりしたかもしれません(銀行では、優秀な支店の取り組みや事例を好事例として、行内の勉強会の題材などにすることも多いので)

4.おわりに

あくまで推測ですが、今回の件はアパートローンという融資形態の欠陥がもろにでてしまったのではないかと考えています。

少なくともA銀行のスタンスとしては、シェアハウス業者と結託してスキームを構築していたという意識はないのでないかと考えています。

しかしながら、少なくとも支店(場合によっては審査を担当していた担当者)レベルでは、シェアハウスのスキームとして、A銀行の融資が組み込まれていたことは認識していたのではないかと考えられ、そういった意味ではA銀行も今回の件では一定の責任を負わされる可能性は高いと考えています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

(もし、ご質問等があれば、コメントいただければ極力回答しようとは思います)。