こんにちは、サラリーマン大家のTAKAです。

本日も、例のシェアハウスとA銀行について前回とは違った視点で個人的なコラムを書いていきたいと思います。

あくまで個人的な見解であり、多くは推測の域をでないものである点はご了承ください。

1.シェアハウスのスキームを銀行としてどれだけ認識していたのか

前回のコラムに書いたとおり、今回のシェアハウスの件は、シェアハウスのスキームとして融資を行っていたのではなく、あくまで個々人のアパートローンとして審査し、融資をしていたのではないかと考えています。

では、A銀行は銀行として、どこまでこのスキームの危険性を認識していたのでしょうか。

2.事業者の破綻リスクに着意はあったか

今回は、少なくとも当初はシェアハウスの事業者の破綻リスクという点は認識していなかったのではないかと考えています。

A銀行は実際にはどうなっていたかはわかりませんが、法人の融資担当者と個人の融資担当者は通常は別の者が担当しており、また審査の担当も法人の審査担当と個人の審査担当は分かれている銀行が多いと思われます。当然ながら、法人と個人でわけた方が、ノウハウの蓄積や効率性から理にかなっているものでなんら違和感のあるものではありません。

しかし、この分業体制のデメリットは、法人の融資担当者は個人の融資のことはあまりよくわからないし、逆に個人の融資担当者は法人の融資のことはわからないといった事態がよく起こります(審査担当も然り)。

このため、シェアハウスの融資に取り組んでいた個人の融資担当者は、シェアハウス事業者の破綻リスクという点にあまり着意がなかったのではないかと考えています。

かつての銀行員の方の話を聞いていると「昔は、個人の融資も法人の融資もなんでもやったわい!」というように、年配の銀行員は法人の融資も個人の融資もそれなりにわかっている方が多いものの、特に今支店に配属されている銀行の担当者の場合には、入行時から分業化がすすめられ、個人しかわからない、法人しかわからないという銀行員が特に多い印象があります。

3.誰かがリスクに気づいて

今回の件は、おそらく行内の監査なり、モニタリングなりで、特定のシェアハウス業者をからめた融資の残高が多いということが発覚し、よくよく調べてみるとかなりのリスクのあるスキームの一端を担っていたということが発覚し、急にシェアハウス業者が絡んだ融資を絞ったのではないかと考えています。

(ただし、リスクに薄々気づいていた方はそれなりにいるのではないかとも考えられますが・・・)。

4.おわりに

今回もあくまで推測の話です。

後から見た場合には、「なんでこんなことに気づかないの?」という風に見えるものも、案外当事者は本当に着意がなかったということは、今回の件に限らずあることです。

おそらく今回の件で、他の銀行も同様に自行のアパートローンが特定の事業者の破綻リスクに絡んでいないかということをチェックするのではないかと考えています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

(もし、ご質問等があれば、コメントいただければ極力回答しようとは思います)。